ShoPro books<br> A+X:アベンジャーズ+X‐MEN=最強

電子版価格 ¥1,980
  • 電書あり

ShoPro books
A+X:アベンジャーズ+X‐MEN=最強

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B5判/ページ数 143p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784796875516
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C0979

内容説明

『アベンジャーズvs X‐MEN』から生まれた、オールスター登場のアンソロジー。業界トップクラスの作家陣が描く、アベンジャーズとX‐MENの共闘!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ara_shinya

2
アベンジャーズとX-MENからそれぞれ一人ずつがエントリーしてペアを組むチームアップ物の短編全12話を収録。1話10ページ程度の超短編状態なのでサクサク読めるのがいいね。そういえば、キャロル・ダンバース版キャプテン・マーベルって邦訳初登場だよね?2015/09/18

G

2
アベンジャーズとⅩ-MENの主要キャラクターがそれぞれ共闘したり反目したりする短編集。共演はいつものチーム同士だが、それぞれキャラクターの個性が表に出ている所が面白い。ストーリーはどれも秀逸。特にウルヴィーとキャプテン・マーベルはお互いの性格が出ていて面白い。しかしクリス・バチャロのペンシルは本当にすごい。昔、某書店で見たジェネレーションXのチェンバーの格好良さに打ち震えたことを覚えている。 クロスオーバー大作も良いが、こういう小品がたくさん詰った短編集も読みやすくて好きだ。初心者にもおススメ。2015/09/06

サテヒデオ@ダイナミックひとり

2
様々なかたちのチームアップ。顔合わせの多様さも展開の妙も幾種類もの楽しさを味わえる一冊。こういう小話にライターの力量が窺えるというもの。シリアスで重厚長大なドラマは勿論のこと面白いのだが、こういう軽さもきちんと成立するところというのも魅力のひとつだろう(これはアメコミに限ったことではないけど)。2015/08/29

fap

1
X-MENやアベンジャーズにそこまで思い入れがないもので、 夢の競演と言われてもぴんとこない。 アメコミのヒーローは作品の枠を越えていつも共闘したり反目したりするものじゃなかったのか。 各ヒーローが本来のストーリーからはずれて、日常を普通に過ごす話。 ただしヒーローの普通とは、一般人の普通と同じではないわけで。2015/08/08

Y

1
初心者にオススメできる作品ではないでしょうか。キャラクターの大まかな紹介も解説で分かるし、何より何も考えずに楽しめる!思っていたよりも面白かったので大満足です。是非とも2巻が読みたい!2015/08/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9777011

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。