ShoPro books<br> バットマン:ゼロイヤー 陰謀の街(THE NEW 52!)

個数:

ShoPro books
バットマン:ゼロイヤー 陰謀の街(THE NEW 52!)

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年12月08日 18時52分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 155p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784796875110
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C0979

内容説明

ゼロイヤー…それは、バットマンが誕生した年。スーパーヒーローの時代が始まる以前…弱きを助け悪を挫くバットマンが翼を広げる以前、ゴッサムシティの放蕩息子ブルース・ウェインは、数年間行方不明になっていた。だが、これは闇の姿を必要としたブルースの作戦だった。ブルースは正体を隠してゴッサムをパトロールし、顔を持たない自警団員として活動を始める。

著者等紹介

スナイダー,スコット[スナイダー,スコット] [Snyder,Scott]
アイズナー賞やハーベイ賞などの受賞歴のある実力派ライターであり、DCコミックスとマーベル・コミックスの双方で活躍している。一方では、サラ・ローレンス大学とコロンビア大学で脚本を教えている

カプロ,グレッグ[カプロ,グレッグ] [Capullo,Greg]
アーティストとして『クエーサー』『X‐フォース』(以上マーベル・コミックス)、『スポーン』『アンジェラ』『ホーント』(以上イメージ・コミックス)などを手掛けてきた

高木亮[タカギアキラ]
翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ほしけも

6
ガジェット開発も命懸けの修行も楽しそうに見えるのがいい。2015/06/08

G

5
リランチ後、NEW52のバットマン誕生秘話。 『イヤーワン』ほどの衝撃はない。ただ若さ故のブルースの無謀っぷりにハラハラさせられて、それだけで面白い。いつもは冷静沈着なのに。しかしレッドフード登場と知って「まさか!」とは思ったが、『キリングジョーク』までネタにしていたとは… 恐るべしスコット・スナイダー。 P.129~131でアルフレッドが話す、演じるとはどういうことであるのか?という台詞は個人的に感量深い。 またブルースの修業時代を描いた短編の画も素晴らしい。ラファエル・アルバカーキ、覚えておこう。2015/09/18

IMY

4
「ラバーズ&マッドメン」の直後に読んではいけなかったと少し後悔してます。何しろどちらもデビュー直後のバットマンとジョーカーの初対決なもの、読んでる途中で話が混ざる混ざる。これに「キリングジョーク」「笑う男」を入れるとさらにカオス。なお、一番新しいからなのか一番淡白。この後リドラーとの対決の様なので、そっちの方が楽しみだったり。2015/05/05

リチャード

3
まさかスコット・スナイダー&グレッグ・カプロが『イヤーワン』だけじゃなくて『キリングジョーク』にまで勝負を挑むとは思わなかった。ブルースの隠れ家を爆破したあとのレッドフード立ち姿がカッコいい!そしてバットマン誕生の瞬間は『イヤーワン』に匹敵するカッコよさ!!ところで、なんで『イヤーゼロ』じゃなくて『ゼロイヤー』なの?2015/06/27

サテヒデオ@ダイナミックひとり

3
オリジンはリブートのたび、あるいは機会を得て何度も上書きされる。オリジンを経れば経るほどにその神話は奥行きを増す。このたびスコット・スナイダーとグレッグ・カプロが挑んだそれは、先人に倣いつつも唯一無二の原形が持つ輝きを誇る。つまり、まぎれもない傑作だ!2015/05/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9261962

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。