Serica critique<br> ライフストーリーとジェンダー

個数:

Serica critique
ライフストーリーとジェンダー

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年09月26日 17時49分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。New!!
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 219,/高さ 21cm
  • 商品コード 9784796702508
  • NDC分類 367.2

内容説明

ひとが女/男で“ある”ことは、そのひとのすべてを物語るわけではない。ジェンダーは、性、民族、人種、階層、地域などにまつわる言説と複雑に絡み合って構築されているからだ。本書は、ひとが女/男で“ある”ことの経験を理解し、この複雑に絡み合う言説を解きほぐす試みである。

目次

1 序ジェンダーの語りと語り方
2 インタビューの現象学―“あなた”の前にいる“私”の経験
3 障害とジェンダーをめぐる複数の視線―知的障害を持つ男性のセルフ・ストーリー
4 「普通でない顔」を生きること―顔にあざのある女性たちのライフストーリー
5 差異をもつ“わたしたち”の語られ方―あるレズビアン・アクティヴィストのライフストーリー
6 子どもが生まれても不妊―“不妊の経験”の語り
7 “障害をもつ子どもの父親”であること―母親が語る/子どもが語る/父親が語る
8 牧師にならなかった“牧師夫人”―妻・母・教会内外の役割と葛藤
9 「仕える女」の精神―ある奉仕女の語り
10 この土地で貝を剥く―現役剥き手の個人史から
11 嫁ぬすみのストーリー―経験が語るローカルな文化の変容

著者紹介

桜井厚[サクライアツシ]
千葉大学文学部教授。ライフヒストリー/ライフストーリー研究