Serica critique<br> 実践のフィールドワーク

個数:

Serica critique
実践のフィールドワーク

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年05月21日 21時41分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 257p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784796702393
  • NDC分類 361.8
  • Cコード C1036

目次

1 「みなおす」(差別をめぐる語りと「わたし」の位置取り―訴訟期ハンセン病療養所でのフィールドワークから;調査経験を通して生きられる「差別の日常」―ある在日朝鮮人とのライフヒストリー・インタビューの再解釈;「レズビアン」という自己―語られる差異とポリティクスをめぐって)
2 「よみとく」((男性)同性愛者を抹消する暴力―ゲイ・バッシングと同性愛寛容論
精神障害者カテゴリーをめぐる「語り」のダイナミズム
啓発映像を解読する
「帰国/定住」ではなく、「居場所」を求めて―ニューカマーのアイデンティティに関する試論)
3 「ふりかえる」(身体というジレンマ―障害者問題の政治化はいかにして可能か;犯罪/障害/社会の系譜;現代における「アイヌ文化」表象―「文化振興」と「共生」の陰)

著者等紹介

好井裕明[ヨシイヒロアキ]
1956年生まれ。広島国際学院大学現代社会学部教授。京都大学博士(文学)

山田富秋[ヤマダトミアキ]
1955年生まれ。京都精華大学人文学部教授。文学博士。専門はエスノメソドロジーと差別の社会学。特に精神障害を中心とした地域福祉のフィールドワークを現在行っている。いまの関心は日常の「語り」に焦点をあてて、バフチンとフーコーとエスノメソドロジーの問題領域を横断することにある
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。