ベナンダンティ - 16-17世紀における悪魔崇拝と農耕儀礼

個数:

ベナンダンティ - 16-17世紀における悪魔崇拝と農耕儀礼

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B6判/ページ数 398p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784796701440
  • NDC分類 192.37

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

hitotoseno

11
歴史は勝者によって書かれるとはしばしば語られるところであるが、より具体的にいうと現在残っている文書のほとんどは権力者によって書かれたものである。当然、その文章にはある種のバイアスが加えられ、そこに描かれる民衆は、権力の眼を介した民衆として描かれざるをえない。かつてフーコーは権力との衝突点において民衆がとる抵抗を重視し、本来ならばそうした文書に残るはずもなかった人々が偶然にも権力と出会った際にどんなふるまいを見せたかを読み取ることこそ文学のやる仕事だと述べた。それを最も実践しているのがギンズブルグである。2017/08/16

roughfractus02

10
前著『チーズとうじ虫』と同じ独自の文化を持つフリウリ地方が舞台の本書は、異端審問の裁判記録を通じて、キリスト教の真理・知・権力の独占と維持が行われる様子を16-7世紀の経過の中に浮かび上がらせる。「シャツ」(羊膜)に包まれて生まれた子供はペナンデンティ(善い魔法使い)と呼ばれ、成人になるとその一団は年4回、魂となって夜の野原に向かい、マランダンティ(悪い魔法使い)と戦う。勝てば豊作、負ければ凶作になるというこの農耕儀礼は、異端審問では魔女信仰の烙印を押され、<無知>の農民たちは時間をかけて<教化>される。2020/04/09

いなほ

1
軽くさらっと もう一回読みたい 夜の集会の描写が面白かった。2014/01/07

j1296118

0
繰り返し行われる異端審問の記録を通して描かれる、農村社会の民間信仰・豊穣儀礼が数十年をかけて悪魔崇拝へと移り変わってく(押し込まれて行く)様子。 比較的穏当で気の長い努力をする教会の皆様2016/07/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/44018

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。