がんになった外科医元ちゃんが伝えたかったこと

個数:
  • ポイントキャンペーン

がんになった外科医元ちゃんが伝えたかったこと

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2020年10月27日 21時56分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 200p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784796525084
  • NDC分類 916
  • Cコード C3047

内容説明

看護師、医師をはじめがんとむきあうすべての人に。

目次

第1章 元ちゃんが考えたこと(それは、ある日突然に;人生やっぱり「人生ゲーム」?;Bad newsとGood news;手術、そしてICUへ;チーム医療―医療者と患者とのギャップ ほか)
第2章 元ちゃんが遺してくれたもの(西村元一先生をお見送りして;忘れられない「自分ががんになったことには意味がある」;西村元一先生、お疲れさまでした;『元ちゃん効果』は永久に続く;患者・家族支援の新しい形 ほか)
第3章 元ちゃんが私たちに託したこと

著者等紹介

西村元一[ニシムラゲンイチ]
1958年金沢市生まれ。1983年金沢大学医学部卒業後、金沢大学第二外科(現:消化器・腫瘍・再生外科学)に入局。その後、金沢大学附属病院や関連病院勤務を経て、2008年より金沢赤十字病院副院長、外科部長。2011年より石川県医師会の理事を務める。専門は消化器外科(特に大腸がん)、その他、化学療法、チーム医療、地域連携など幅広いフィールドも。2017年5月31日惜しまれて逝去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

消化器外科の臨床医に突然訪れた異変?Stage?の「胃がん」診断。患者になってわかった思いを綴った雑誌連載を書籍化消化器外科の臨床医に突然訪れた異変?Stage?の「胃がん」診断。患者になってわかった様々な思いを綴った看護雑誌「エキスパートナース」の連載を書籍化

西村元一[ニシムラゲンイチ]
著・文・その他