がん疼痛治療薬まるわかりBOOK

個数:

がん疼痛治療薬まるわかりBOOK

  • ウェブストアに9冊在庫がございます。(2019年11月23日 02時57分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 334p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784796524216
  • NDC分類 494.5
  • Cコード C3047

内容説明

本書では、オピオイドをはじめとした疼痛治療に用いる薬剤について、薬剤ごとに、使用上の注意点、副作用、ケアのポイントなどをまとめている。また、臨床においては、これらオピオイドの副作用対策も欠かせない。特に、ひんぱんに生じる「悪心・嘔吐」「便秘」への対策では薬物療法が重要となるため、薬剤ごとに重要ポイントをまとめている。

目次

総論:「がん疼痛治療」とは
1 疼痛治療薬の知っておきたいポイント(強オピオイド;その他のオピオイド ほか)
2 オピオイドによる副作用への対策(消化器系の副作用への対策―薬物療法を中心に;その他の副作用と対策)
3 安全管理と患者・家族指導(オピオイド導入時の患者・家族への説明;微量ポンプの使い方 ほか)
4 疼痛マネジメントが難しい患者への対応(突出痛;消化管閉塞による痛み ほか)
5 薬物以外の疼痛治療法(神経ブロック;骨セメント ほか)

著者等紹介

細矢美紀[ホソヤミキ]
国立がん研究センター中央病院看護部看護師長/がん看護専門看護師

里見絵理子[サトミエリコ]
国立がん研究センター中央病院緩和医療科科長

岡本禎晃[オカモトヨシアキ]
市立芦屋病院薬剤科部長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報



[]
著・文・その他/編集