四苦八苦の哲学―生老病死を考える

個数:

四苦八苦の哲学―生老病死を考える

  • ウェブストアに31冊在庫がございます。(2018年10月22日 23時53分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 290p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784794970558
  • NDC分類 114.2
  • Cコード C0095

内容説明

人生は思いのままにならないことばかり。世の中は苦に満ちている。あーあ、いやんなっちゃった、どうしよう…こうした気持ちと、人はどう折り合いをつけていったらいいのだろう?プラトン、ハイデガーから、フーコー、ボーヴォワール、レヴィナス、バタイユまで、さまざまな哲学者たちのことばを補助線にしながら、仏教で言うところの「四苦八苦」について考える、哲学の自習帖。まず手始めは「生老病死」の四つの苦から。

目次

はじめに 四苦八苦について
第1章 死について(死から考える;プラトン『パイドン』を読みながら ほか)
第2章 病いについて(「調子悪くてあたりまえ」;ソンタグと考える ほか)
第3章 老いについて(キケローとともに;ボーヴォワールを読む)
第4章 生について(ハイデガー『存在と時間』を読みながら;九鬼周造の「時間論」を読む ほか)
おわりに まだ考えなければいけない

著者等紹介

永江朗[ナガエアキラ]
1958年北海道生まれ。法政大学文学部哲学科卒業。西武百貨店系洋書店に約7年勤務の後、『宝島』および『別冊宝島』の編集を経て、フリーのライターに。ライフワークは書店のルポルタージュ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

プラトン、ハイデガー、ボーヴォワールなど、さまざまな哲学者たちのことばを補助線にしながら、生老病死について考える哲学自習帖人生は思いのままにならないことばかり。世の中は苦に満ちている。あーあ、いやんなっちゃった、どうしよう……こうした気持ちと、人はどう折り合いをつけていったらいいのだろう? プラトン、ハイデガーから、フーコー、ボーヴォワール、レヴィナス、バタイユまで、さまざまな哲学者たちのことばを補助線にしながら、仏教で言うところの「四苦八苦」について考える、哲学の自習帖。まず手始めは「生老病死」の四つの苦から。

 はじめに 四苦八苦について

第1章 死について
 0 死から考える
 1 プラトン『パイドン』を読みながら
 2 ジャンケレヴィッチ『死』を読みながら
 3 自殺について考える

第2章 病いについて
 0 「調子悪くてあたりまえ」
 1 ソンタグと考える
 2 フーコーと考える
 3 臨床哲学について考える

第3章 老いについて
 1 キケローとともに
 2 ボーヴォワールを読む

第4章 生について
 1 ハイデガー『存在と時間』を読みながら
 2 九鬼周造の「時間論」を読む
 3 レヴィナスの時間論
 4 バタイユを読みながら

 おわりに まだ考えなければいけない

永江朗[ナガエアキラ]
著・文・その他