犀の教室<br> 街場の平成論

個数:

犀の教室
街場の平成論

  • ウェブストアに296冊在庫がございます。(2019年06月18日 10時07分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 260p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784794970374
  • NDC分類 210.76
  • Cコード C0095

内容説明

平成30年は、日本の国運が「隆盛」から「衰退」へと切り替わる転換期だった。なぜ30年前に期待されていた「あのこと」は起こらずに、起きなくてもよかった「このこと」ばかり現実になったのか?平成という時代の終わりに向けて、この間に生まれた絶望の面と希望の面を、政治・社会・宗教・自然科学など9つの観点から回想するアンソロジー。

目次

戦後史五段階区分説(内田樹)
紆余曲折の日韓平成史(平田オリザ)
シスターフッドと原初の怒り(ブレイディみかこ)
ポスト・ヒストリーとしての平成時代(白井聡)
「消費者」主権国家まで(平川克美)
個人から「群れ」へと進化した日本人(小田嶋隆)
生命科学の未来は予測できたか?(仲野徹)
平成期の宗教問題(釈徹宗)
小さな肯定(鷲田清一)

著者等紹介

内田樹[ウチダタツル]
1950年、東京都生まれ。武道家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。