「ポスト真実」時代のネットニュースの読み方

個数:
  • ポイントキャンペーン

「ポスト真実」時代のネットニュースの読み方

  • 松林 薫【著】
  • 価格 ¥1,728(本体¥1,600)
  • 晶文社(2017/03発売)
  • クリスマス ポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 32pt
  • ウェブストアに27冊在庫がございます。(2017年12月11日 13時04分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 276p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784794969569
  • NDC分類 070.4
  • Cコード C0030

内容説明

ニュースは今や、紙でもテレビでもなく、ネットで読む時代になった。一方、キュレーションメディアの盗用問題、アメリカ大統領選時に顕在化した偽ニュース問題で、ネットニュースの信頼性は大きく揺らいでもいる。こうした「ポスト真実」の時代にニュースを正しく読むためには、固有のリテラシーが必要だ。それぞれのメディアの特徴を理解し、使い分け、ネット情報を正確に読み解くためのノウハウを、日経新聞の記者を15年務めた著者が、その経験知を基に解説。もう偽ニュースにはだまされない!

目次

1章 ネットで変わったジャーナリズム(ジャーナリズムの本質的な変化;ネットの信頼性をめぐる問題;メディアが提供する7つの価値;メディアと世論)
2章 ネット情報を利用する前に(「ワンストップ」の落とし穴;活字離れは本当か;ネットは訂正を前提としたメディア;報道の限界を知る)
3章 ネット情報の利用術(メディアを生態系として捉える;裏を取る;「裏」情報の罠;教材としての「紙媒体」;ネットにない情報の重要性)
4章 高度な読み方、活用法(「たとえ話」で考える―ネットは自分の頭脳じゃない;スタンスを決めてネット情報を読む;インターネットと議論;「報じる側」と「報じられる側」を体験する)
5章 メディアのこれから(「紙からネットへ」という変化の本質)

著者紹介

松林薫[マツバヤシカオル]
1973年、広島市生まれ。京都大学経済学部、同修士課程を修了し1999年に日本経済新聞社に入社。東京と大阪の経済部で、金融・証券、年金、少子化問題、エネルギー、財界などを担当。経済解説部で「経済教室」や「やさしい経済学」の編集も手がける。2014年10月に退社。2014年11月に株式会社報道イノベーション研究所を設立。2016年4月より関西大学総合情報学部特任教授(ネットジャーナリズム論)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

偽ニュースにはだまされない! 元日経新聞記者が伝授する、玉石混淆のネットメディアから正しい情報を読み取る方法ニュースは今や、紙でもテレビでもなく、ネットで読む時代になった。一方、キュレーションメディアの盗用問題や、アメリカ大統領選時に顕在化した偽ニュース問題などで、ネットニュースの信頼性は大きく揺らいでいる。こうした「ポスト真実」の時代にネットのニュースを正しく読むためには、固有のリテラシーが必要になる。それぞれのメディアの特徴を理解し、使い分け、ネット情報を正確に読み解くためのノウハウ、リテラシーを、日経新聞の記者を15年務めた著者が、その経験知を基に解説する。

1章 ネットで変わったジャーナリズム
■1 ジャーナリズムの本質的な変化
■2 メディアが提供する7つの価値
■3 メディアと世論

2章 ネット情報を利用する前に
■4 「ワンストップ」の落とし穴
■5 活字離れは本当か
■6 ネットは訂正を前提としたメディア
■7 報道の限界を知る

3章 ネット情報の利用術
■8 メディアを生態系として捉える
■9 裏をとる
■10 「裏」情報の罠
■11 教材としての「紙媒体」
■12 ネットにない情報の重要性

4章 高度な読み方、活用法
■13 「たとえ話」で考える──ネットは自分の頭脳じゃない
■14 スタンスを決めてネット情報を読む
■15 インターネットと議論
■16 「報じる側」と「報じられる側」を体験する

5章 メディアのこれから
■17 「紙からネットへ」という変化の本質
■18 ネットの信頼性をめぐる問題


松林薫[マツバヤシカオル]
1973年、広島市生まれ。京都大学経済学部、同修士課程を修了し1999年に日本経済新聞社に入社。東京と大阪の経済部で、金融・証券、年金、少子化問題、エネルギー、財界などを担当。経済解説部で「経済教室」や「やさしい経済学」の編集も手がける。2014年10月に退社。2014年11月に株式会社報道イノベーション研究所を設立。2016年4月より関西大学総合情報学部特任教授(ネットジャーナリズム論)。著書に『新聞の正しい読み方──情報のプロはこう読んでいる!』(NTT出版)がある。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件