11歳からの正しく怖がるインターネット―大人もネットで失敗しなくなる本

個数:

11歳からの正しく怖がるインターネット―大人もネットで失敗しなくなる本

  • ウェブストアに125冊在庫がございます。(2018年07月16日 04時57分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 224p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784794969552
  • NDC分類 547.48
  • Cコード C0036

内容説明

一度ネットで起こしてしまった失敗=炎上は、進学・就職・結婚など、大事な場面でくり返しあなたの人生の邪魔をする。日本全国40万人以上に伝えられた、ネットを安全・安心に使うための「絶対に失敗しない方法」をイラスト入りでわかりやすく紹介。

目次

第1章 ネットで絶対に失敗しない方法(これ、できますか?;アイスケース炎上事件 ほか)
第2章 SNS「大人のたしなみ」(震災翌日、SNSでヘリが来た;携帯はつながらなかった ほか)
第3章 ネットと子育て・ネットと家族(歩きスマホ?;スマホ依存チェック ほか)
第4章 ネットと未来(デジタルネイティブ;ネットは人間を変えるのか? ほか)

著者等紹介

小木曽健[オギソケン]
1973年、埼玉県生まれ。2010年、グリー株式会社に入社し、ネットパトロール統括を担当。2012年から、ネットの安全利用を促進する「安心・安全チーム」マネージャとして全国で年間300回以上の講演を行い、受講者は40万名にも及ぶ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

保護者必携!40万人以上に伝えられた、ネットを安全・安心に使う
ための「絶対に失敗しない方法」をイラスト入りで紹介。炎上した投稿は、消してはいけない!?

一度ネットで起こしてしまった失敗=炎上は、
進学・就職・結婚など、大事な場面でくり返し
あなたの人生の邪魔をする。

毎日数十万人が行き交う東京渋谷のスクランブル交差点。
数十万人が行きかう場所で、携帯番号から住所、趣味・嗜好まで
あなたは自分のプライベートな情報をボードに書いて掲げられますか?

ネットに何かを書きこむというのはそれと同じ、いやそれ以上のことです。
しかも、掲げたボードは下せるけど、ネットへの書き込みは二度と下せないんです……。

日本全国40万人以上に伝えられた、
ネットを安全・安心に使うための「絶対に失敗しない方法」を
イラスト入りでわかりやすく紹介。

▼「ネットの正体」、バラしちゃいます。

炎上ニュースでは絶対に報道されない「炎上の本当のリスク」や、
万が一、炎上してしまったときの対応策、ご存じですか?
はたまた、大人が知らないインターネット
(迷惑メール、隠れスマホ、ネットバトルetc)とうまく付き合う方法は?

とにかく、ぜんぶ知ってしまえば、もう怖くない! 
ネットを「普通の道具」として使うために必要なこととは。


第1章:ネットで絶対に失敗しない方法
 アイスケース炎上事件/個人特定のカラクリ/すぐ消すから大丈夫? ほか
第2章:SNS「大人のたしなみ」
 震災翌日、SNSでヘリが来た/SNSの正体/乗っ取りに負けないパスワード ほか
第3章:ネットと子育て・ネットと家族
 スマホ所持率のウラ/ネット被害から子どもを守る……?/迷惑メールが届くワケ ほか
第4章:ネットと未来
 デジタルネイティブ/「思い出」泥棒/AIは人類を滅ぼすのか ほか


小木曽健[オギソケン]
1973年、埼玉県生まれ。2010年、グリー株式会社に入社し、ネットパトロール統括を担当。
2012年から、ネットの安全利用を促進する「安心・安全チーム」マネージャとして全国で年間300回以上の講演を行い、受講者は40万名にも及ぶ。