現代写真論―コンテンポラリーアートとしての写真のゆくえ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 247p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784794967503
  • NDC分類 740.4
  • Cコード C0072

内容説明

写真は単なる記録媒体を超え、あらゆる価値を貯えこんだアートとして、表現の幅を広げている。イメージを精緻に構成したタブロー写真。建築や風景を超然と高度な画質で写し取るデッドパン写真。凡庸な事物を視覚に訴える被写体に変容させる表現があれば、日常のスナップのような写真から深い感情が際立ってくる私写真もある。世界の証言としての写真、ポストモダニズム的写真、その先の新世代の表現まで…。世界の現代アーティストによる作品243点を収め、歴史的にも美術的にも正しい解釈をあたえる無類の写真評論。

目次

序章
1章 これがアートであるならば
2章 昔々
3章 デッドパン
4章 重要なものとつまらないもの
5章 ライフ
6章 歴史の瞬間
7章 再生と再編
8章 フィジカル、マテリアル

著者等紹介

コットン,シャーロット[コットン,シャーロット][Cotton,Charlotte]
ヴィクトリア&アルバート博物館(V&A)写真部門キュレーター、ロンドンのフォトグラファーズギャラリー企画主任、ロサンゼルス郡立美術館(LACMA)のアネンバーグ写真部門統括を経て、現在はイギリス国立メディア博物館のクリエイティブディレクターを務める。現代写真に関わる数多くの展覧会を企画(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

yooou

7
根本的にコンテンポラリー・アートがなんで全然理解できないのかがよく分かりました。2013/07/15

石橋 こわし

1
図書館で何気なく借りた本だったけど、とても良かった。普段美術館で何気なく眺めているだけだった写真の、表現としての可能性や意図、その奥深さについて、8章に分けて解説してあり、沢山の写真家とその作品について知れる。ただ綺麗だな、というなんとなくの印象だけで写真を見ることから、抜け出せる一歩となりそうな本になった。2017/06/10

さいとう

1
現代写真論に見せかけた現代写真家論のような現代写真論の本。多彩な図版で多くの作家、作品を紹介し、美術的な解釈を提示しつづける構成となっています。繰り返し読みたい。2013/09/12

ガリ版

1
こういう本は、ここに「書かれていない」ことを自分で考えながら読むと面白い。こういう教科書的な、優等生的な作品の理解から自分を一歩進める為にも、この手の本が読める、ということは便利。2011/08/03

hosakanorihisa

1
ずっと読みたかったニューカラー以降の写真史。90年代以降のギャラリーで扱われるようになった写真のことを語っている。それはもう、古典的写真論の範疇ではない。2010/05/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/490234

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。