メキシコ人はなぜハゲないし、死なないのか

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 661p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784794965844
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

タカハシは、単身NYで暮らす中年料理人。人生に疲れ果てて首を吊ったものの、人間の言葉を話すネズミたちに助けられる。そのネズミたちが彼に告げたのは、衝撃の事実だった。世界のあちこちで正体不明の「憂鬱の砂嵐」が吹き荒れ、ネズミも人間も次々と自殺しているというのだ。このままでは、みな死に絶えてしまう!最愛の娘がビルから飛び降りる幻を見たタカハシは、人類を救う決死の旅に出る。目指すは、世界一自殺率の低い国メキシコだ。かの地には、鬱から身を守る四つの宝があるという。その一つは食物らしいが…。44歳。薄毛。お人好しで度胸なし。ひときわ冴えない男が、口喧しい天才老ネズミと、勇敢な大ネズミと繰り広げる珍道中。笑いと涙の展開の末、事態は予想もしない方向へ…。鬱から最も遠い国メキシコの秘密に迫る、食物と地球の歴史をめぐる「データ・ファンタジー」。TETSUYA(=ドリアン助川)が小説家・明川哲也として執筆した、渾身の長編小説。

著者紹介

明川哲也[アキカワテツヤ]
1962年生まれ。小説家。三年間のニューヨーク暮らしを終えて帰国。ドリアン助川名義での著作に、『ベルリン発プラハ』(幻冬舎)ほか。バンドAND SUN SUI CHIEのボーカリストとしても活躍中