• ポイントキャンペーン

動機の修辞学

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 440,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784794923424
  • NDC分類 133.9
  • Cコード C1098

内容説明

「修辞」をキーワードに、アリストテレス、キケロにはじまり、ダンテ、マキアヴェリ、パスカル、シェイクスピア、マルクスらをへて、カフカにいたる、人間の言語によるすべての表現行動を、その根源から解明し、現代思想の源流となった、20世紀を代表する古典。文学だけでなく、言語学、社会学、心理学、文化人類学などを解体再生する姿勢によって、バークオロジー(バーク学)とよぶほかない独創的な体系をきづいたバークの、『動機の文法』とならぶ代表作である。

目次

第1部 修辞の範囲(ミルトンのサムソンの「使用目的」;自殺願望への条件;マシュー・アーノルドにおける自己埋葬 ほか)
第2部 修辞の伝統的諸原則(説得;相手の身元確認;修辞的動機の変異体論 ほか)
第3部 秩序(実証的、弁証法的、絶対的究極用語;マルクス主義的説得における究極的要素;「知識の社会学」対プラトン的「神話」 ほか)

著者等紹介

バーク,ケネス[バーク,ケネス][Burke,Kenneth]
1897年、ピッツバーグに生まれる。オハイオ州立大学、コロンビア大学に学び、音楽評論家として出発する。その後、社会主義への関心を深め、さらに人間存在の形式一般を問うかたちで、文芸評論に筆を染めるようになった。同時期、英米の文学批評を席捲したニュークリティシズムの一員とみられるが、言語学、記号学、社会学、心理学など、隣接諸科学をバーク流に解体消化する姿勢によって、バークオロジー(バーク学)とよぶほかない体系をきずいている

森常治[モリジョウジ]
1931年東京生まれ。早稲田大学文学部卒業。70‐71年、アメリカ、インディアナ州アーラム大学客員教授。アメリカ文学批評、比較文学を専攻。早稲田大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

メルセ・ひすい

1
13-37赤06解題・バークの理論家としてみずからに課する使命は、例えばアカデミズムが主張するそれぞれの専門領域の境界線を管理することでなく、逆に、そうしたディシプリン(鍛練、修養)の境界線を取り払った地平に誕生するあらたな視線(それをバークは「ロゴロジー」と呼ぶ)を確保するところにある。そして、まず第一の根拠は、宗教をはじめとして、日常語であれ、専門用語であれ、全てはロゴス(世界を定める理?)たる言語記号によりなされる活動である。・注・宗教=基督を指す・・重要!日本人はヨクマチガウ2010/03/11

抹茶ケーキ

0
レトリックの性質、そしてそれがどのように使われ表現されるか。あんまわかんなかったけど基本的には、レトリックは、自然と超自然を混同させることによって神秘の感覚を作り出す。その神秘のせいで我々は「現実」ではなくレトリックに支配されることになってしまう。だから我々はレトリックの性質を知りそれに対する防備を固めておかなくてはならない。みたいな主張かなと。評論家なので文学の参照が多い。逆に現代への言及は思ってたほど多くない。訳の主語とか目的語が分かりにくい。原著も分かりにくいんだろうけど、訳もあると思った。2016/01/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/301920
  • ご注意事項