虐待被害者という勿れ - 虐待サバイバーという生き方

個数:

虐待被害者という勿れ - 虐待サバイバーという生き方

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年06月14日 19時32分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 236p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784794812483
  • NDC分類 367.6
  • Cコード C0036

出版社内容情報

怒っていい。気づいて、逃げよう!被虐児とその親、行政職員、
「児童虐待」の暴力に晒されているすべての人におくる証言集

 本書は、虐待サバイバーの語りからできている。その語りは、2019年に「虐待サバイバー写真展(kojikoji.themedia.jp)」を催した田中ハルという写真家のモデルとなった人たちによるものである。田中はADHD(注意欠如・多動性障害)、統合失調症、心臓疾患、部分てんかんなどを抱えている。そして、幼少期より母親から虐待を受けて育った。それが虐待というものだと知ったときからこの問題に興味をもち、「虐待サバイバー写真展」を企画した。
 「虐待を受けて育ったけれど、今、生きている。その証としての写真を撮らせてください」と呼びかけた田中の声に応え、モデルになった人たちは、凄惨な過去を背負いながらも、写真の中で柔らかくほほえんでいる。虐待の後遺症に苦しみながらも、今を生きている。
本書の語り手たちは、30代から50代の女性四名と男性一名である。撮影した一人ひとりに田中自身が声をかけて、「虐待された過去と今を語れる」と返事をくれた人たちだ。私の取材を受けてくれたのは、田中への恩返しだ。この言葉を聴いたとき、虐待サバイバーたちは、子どもや女性への暴力防止に取り組む森田ゆりの言う、「トラウマと共に生きてきた過去を慈しみ、現在、未来もトラウマとつきあいながら生きていくという新しいサバイバーの視点」をもっている人たちだと実感した。胸がざわついた。心が動いたから、私はていねいに彼女たちの声を文章にした。
 児童虐待は深刻な社会問題である。しかし、その早期発見は困難を極める。虐待を受けている子どもたち(被虐児)は、自らの置かれた状況について沈黙を守ることが多い。それは、家庭内暴力や児童虐待がいまだに社会的に、そして被虐児当人にとってもタブー視されているためである。被害経験を語ることは、容易ではない。親や周囲からネグレクトや身体的・心理的虐待を受けてきたサバイバーたちの語る内容は時に凄絶だが、本書はフィクションではない。児童虐待の現実を描写する本書が、今、児童虐待の現実とともにある人たちに、被虐児たちの声を代弁するものとして届くことを切望している。(しまもり・さやか) 

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

K1

15
すべての理不尽な暴力に対して「止めよう」と声を上げる。おかしいことが「おかしい」とわかり、止める声が届く社会は「意志」でつくれると私は信じているー孤独になっても孤立しないよ。必ず手をつないてくれる人がいるよーということがうまく伝わるといいですね。2023/11/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21556038
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。