メイド・イン・タカオカ―伝統工芸と近代産業が織りなす富山県高岡市

個数:

メイド・イン・タカオカ―伝統工芸と近代産業が織りなす富山県高岡市

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年07月05日 19時15分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 592p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784794812100
  • NDC分類 602.142
  • Cコード C3060

出版社内容情報

加賀一二〇万石の中心地として、また畿内北部の一大商工業都市として
栄えた町の歴史と現在を総合的に探求。訪問事業所約100件

 富山県高岡は、加賀藩第二の都市として1609(慶長一四)年に開町するものの、1616年の幕府の「一国一城令」により高岡城が廃城となり、その後は商工業都市として歩んできた。コメ、綿糸・綿布市場と鋳物(鉄・銅)、漆器といった伝統工芸品の発達により、幕末には「北陸の大坂」といわれるほどの発展を示した。1889(明治二二)年に市制・町村制が敷かれた際は、その第一次市制全国31市の一つとして高岡市が誕生している。
 大正時代に始まる日本の産業革命期には、安価な水力発電を最大の武器として重化学工業化を進め、本州の日本海側最大の近代工業都市を形成した。この期間には、特に伝統の鋳物等の工芸品に加え、アルミ産業が顕著な発展を見せた。
 その後は現代に至るまで、これら豊かな工業展開を通じて就業機会が増え、「富山が日本で一番豊か」といわれるほどになっていった。人びとは出稼ぎに出る必要がなく、副業のつもりの会社勤めが本業化し、むしろ農業が副業化していく。地元に優良な勤め先が多く、共稼ぎや女性の就業が他地域に先んじて拡がり、「富山の豊かさ」の基礎となっていく。
 だが、1990年前後のバブル経済崩壊以降、主力のアルミ建材の市場が縮小し、生活様式の変化に伴い伝統工芸品も縮小を余儀なくされ、次の「豊かさ」に向けた産業発展の契機をいまだ十分には見出せないでいる。
 本書では、このように特徴ある産業発展を示した高岡について、歴史分析的視野をベースに、個々の産業・企業および農業者の動きを追い、農工業全体の問題の構造を明らかにし、新たな発展のための道筋を展望する。人口減少、少子高齢化、既存産業の停滞に悩む全国の地方都市にとって、高岡の歩みは一つの象徴的な事例であり、今後の発展の指針を探る上で示唆の多いモデルともなるだろう。(せき・みつひろ)

内容説明

モノづくりの心で未来を切りひらく。江戸期から独自の発展を遂げてきた一大商工業都市。人びとの不断の営みに地方都市発展の指針を学びとる。95事業所訪問!“高岡型幸せモデル”の全貌。

目次

第1章 高岡産業経済の歴史と輪郭
第2章 地方産業都市として展開
第3章 伝統工芸品産業と特産産業の展開―銅器、漆器、仏壇、捺染、ニットと菅笠
第4章 現代高岡の産業構造
第5章 伝統的な工芸品産業の推移と現在
第6章 近代的なモノづくり産業の展開
第7章 転換期にある高岡の産業―飛躍する個性的な中小企業
第8章 高岡の農業の新たな展開
終章 高岡地域産業と中小企業の未来
補論1 2011年/「富山型」集落営農モデルの展開―礪波平野と近代工業都市高岡の兼業農業地帯
補論2 2015年/高岡~礪波の6次産業化の取組み―稲作地帯の新たなうねり

著者等紹介

関満博[セキミツヒロ]
1948年富山県小矢部市生まれ。現在、一橋大学名誉教授。博士(経済学)。受賞:1984年第9回中小企業研究奨励賞特賞。1994年第34回エコノミスト賞。1997年第19回サントリー学芸賞。1998年第14回大平政芳記念賞特別賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。