再開発は誰のために?―欺罔と浮利で固められたマンション「ラ・トゥール代官山」

個数:

再開発は誰のために?―欺罔と浮利で固められたマンション「ラ・トゥール代官山」

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年10月24日 17時59分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 298p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784794811448
  • NDC分類 365.35
  • Cコード C0036

内容説明

行政と不動産業者の癒着が街と法を破壊する…時はリーマンショック後の2010年、舞台は渋谷区鴬谷町。高さ12m、容積率60%に規制された第2種低層住居専用地域に、高さ18m、容積率200%という違法マンションが完成している。その3年後、不正を嗅ぎ取った筆者が単独で探り出すことを決意して、渋谷区長と住友不動産の癒着による違法行為を明らかにした。住民目線で徹底調査を行った執念の取材記録。

目次

我が町「鶯谷町」―その歴史と地域環境
桑原区長の誕生と渋谷区における住友不動産の動き
桑原区長と住友不動産の癒着
本命の「ラ・トゥール代官山」の建設へ―桑原区長、住友不動産、西松建設
住友不動産は一切の妥協を許さない強権で説明会にのぞんだ―二〇〇七(平成一九)年四月二五日
「渋谷駅中心地区・まちづくりガイドライン2007」の正体
住友不動産の前に立ちはだかる大遺跡群
工事開始―儀式にも似た東京都開発審査会の審議
建築工事協定、労働慣行を無視した突貫工事
工事が後半に入った二〇一〇年四月、重大な事実が判明
開発許可と建築確認を同時に行う神業のような違法行為
工事終了後、住友不動産と渋谷区役所から住民が受けた二次被害
再開発事業に名を借りた渋谷区役所のまち壊し体質

著者等紹介

竹居治彦[タケイハルヒコ]
1929(昭和4)年山梨県生まれ。山梨高専中退、法政大学文学部卒業。「東京タイムズ」広告部に勤務した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

まる

2
再開発の為に満足していた住環境を失った経験を記し、「公」に対する「私」の闘いの虚しさを追体験する書。2021/07/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15103713

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。