「関さんの森」の奇跡―市民が育む里山が地球を救う

個数:
  • ポイントキャンペーン

「関さんの森」の奇跡―市民が育む里山が地球を救う

  • 関 啓子【著】
  • 価格 ¥2,640(本体¥2,400)
  • 新評論(2020/01発売)
  • 秋の夜長 全店ポイント2倍キャンペーン(~9/23)
  • ポイント 48pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年09月23日 21時45分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 295p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784794811424
  • NDC分類 519.8
  • Cコード C0036

内容説明

行政主導の道路開発に「待った」をかけた市民の記録。「まちづくり」の意味を問い直すノンフィクション。カラーで見る里山の風景。

目次

第1部 里山論(里山とは何か;なぜ、里山は壊れるのか―里山の昔と今;里山の価値―なぜ、里山を護らなくてはならないのか)
第2部 里山を育み、護る運動(「関さんの森を育む会」の誕生と活動;「関さんの森エコミュージアム」の誕生;市民力が自然を護る―環境保護の市民運動と学習;市民力が自然を救う)
第3部 里山保全イノベーション(コモンズとトラスト;緑と親しみ、人とつながり、今を楽しむ―市民としての成長)

著者等紹介

関啓子[セキケイコ]
1948年生まれ、一橋大学大学院社会学研究科博士課程修了。一橋大学名誉教授。博士(社会学)、ノンフィクション作家。主な著書として『多民族社会を生きる―転換期ロシアの人間形成』(新読書社、2002年)『アムールトラに魅せられて―極東の自然・環境・人間』(東洋書店、2009年)などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

TERRY

0
「関さんの森」をサンプルとした、自然保護に取り組むには何が必要かを学べるガイドブック。関さんの森の大部分が救われた例を見て感じるのは、環境保護のためには戦うことだけではダメで、反対勢力と和解する戦略が必要ということ。人と協調できない人たちが、自然との協調を唱えても説得力ないですもんね。2020/06/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14915976

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。