20代で身につけたい働き方の基本―「君がいてよかった」と言われる仕事のルール

個数:

20代で身につけたい働き方の基本―「君がいてよかった」と言われる仕事のルール

  • ウェブストアに185冊在庫がございます。(2019年02月21日 06時19分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 203p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784794811110
  • NDC分類 159
  • Cコード C0030

内容説明

20代の人をはじめとして、「よい仕事をしたい」と願うすべての人に読んでもらいたい!「よい仕事」とは何か?これが本書の命題となる。唯一絶対の「正解」があるわけではない。その意味では、哲学的だが、極めて実践的、根源的な問いでもある。「君がいてよかった!」この一言のために、筆者はこれまで仕事に邁進してきた。本書では、業界、職種を問わず、広く活用できる普遍的なルールを解説させていただいた。

目次

プロローグ 「よい仕事」を追求する
第1章 人間関係―「距離感」を制す者が人づきあいを制す
第2章 お金―いくら稼いだかより「どう使ったか」
第3章 健康管理―無理をしないのは一生働き続けるため
第4章 キャリア―未来の「不確実性」と向き合う
第5章 生産性―テクニックを「使えるスキル」に変える
エピローグ 「当たり前」の反対とは?

著者等紹介

小杉樹彦[コスギタツヒコ]
1986年4月7日、東京都港区生まれ、品川区育ち。株式会社Brave New World代表取締役CEO。上武大学ビジネス情報学部助教。慶應義塾大学大学院修了後、約10年間にわたり一貫して教育業界に従事。インターナショナル・ビジネススクール講師を経て、教育ベンチャーKOSSUNグループ(現・株式会社Brave New World)を創業。高校生から社会人まで10~20代を中心に延べ3,000人を超えるキャリア支援を行う。現在は、大学で教鞭を執るかたわら、教育評論家としてNHK Eテレ『テストの花道 ニューベンゼミ』、TOKYO MX『5時に夢中!』に出演するなど、テレビをはじめとした幅広いメディアで活動中。専門分野は、経営学(リスクマネジメント、マーケティング)、教育学(キャリアデザイン)。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

3000人以上の若者のキャリア支援をしてきた“こっすん”が「よい仕事をしたい」と願うすべての人におくる就職心得読本!「よい仕事」とは何か?――これが本書の命題である。この問いには唯一絶対の「正解」があるわけではない。その意味では哲学的だが、極めて実践的、根源的な問いでもある。
 「君がいてよかった」――この一言をもらうために、筆者はこれまで仕事に邁進してきた。本書では業界・職種を問わず、このために広く活用できる普遍的なルールを解説している。
 全五章構成で、第一章では「人間関係」をテーマに、信頼関係を築くために必要な「距離感」の掴み方について述べる。これは上司や同僚といった職場関係はもちろんのこと、家庭や遊びでの人間関係においても欠かせないスキルとなる。
 第二章では「お金」をテーマに、その性質と付き合い方を述べる。お金はあくまでも目的達成のための手段であることを踏まえ、「いかに稼ぎ、いかに使うべきか」を考えるきっかけになればと思う。
 第三章では「健康管理」をテーマに、長寿社会を見据えつつ、長く働くための健康維持・増進法を紹介する。健康と一口に言っても、精神面と身体面があって、この二つは車の両輪のように互いに作用しあうものである。特にストレスの多い現代社会では、両方の健康に配慮しなければならない。
 第四章では「キャリア」をテーマに、「リスク」の観点から「後悔しない進路選択のしかた」を論じる。リスク論的な考え方は、先の見えない時代に必須の教養なので、その理解を深め、「未来とどのように向き合うべきか」を考えるヒントにしてほしい。
 第五章では「生産性」をテーマに、一人ひとりが創造性を発揮するためのスキルについて述べる。本来「生産性」は人に当てはめるべき概念ではないのだが、本書では主に個人の創造性や創発性を仕事の場面でどのように育み、生かすかを述べるために、あえてこの言葉を使う。
 10?20代の人たちのみならず、「よい仕事をしたい」と願うすべての人に読んでもらえたら幸いである。(こすぎ・たつひこ)

小杉樹彦[コスギタツヒコ]
著・文・その他