グローバル・ジハードのパラダイム―パリを襲ったテロの起源

個数:
  • ポイントキャンペーン

グローバル・ジハードのパラダイム―パリを襲ったテロの起源

  • ウェブストアに6冊在庫がございます。(2017年12月15日 14時05分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 440p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784794810731
  • NDC分類 316.4
  • Cコード C0036

内容説明

本書は、イスラム主義の過激な派生現象としてのジハーディズムと、移民とその子孫が構成する「フランスのイスラム教」とに焦点をあて、パリを襲ったテロの「起源」を描き出す。ヨーロッパ市民として育った若いイスラム教徒や改宗者が、家族環境、社会・経済・政治状況に方向づけられつつ、「アルカイダ後のジハード」の遂行者に変貌するプロセスのケーススタディである。ウェブ時代にあってイデオロギーの拡散に国境はない。日本人犠牲者も出た。本書を通じて浮かび上がるグローバル・ジハードのパラダイムは、ジハーディズムの今後の変転と世界の根本課題を再点検する上で、重要な示唆となろう。エマニュエル・トッド『シャルリとは誰か?』への批判的論考を含む注目作。

目次

プロローグ 「ブールの行進」から「『シャルリー・エブド』襲撃」と「バタクラン襲撃」へ
1 潜伏期―クリシーの暴動からサルコジ時代へ(二〇〇五年~一二年)(二〇〇五年、転換期の始まり;「イスラム教徒の票」から「イスラム教徒票」へ;メラ事件とコンテクスト)
2 噴出期―オランド大統領誕生から「『シャルリー・エブド』襲撃」「バタクラン襲撃」へ(二〇一二~一五年)(フランスのジハード、シリアのジハード;イスラム教徒票の逆転;#シャルリークリバリ(#CharlieCoulibaly))
エピローグ 「カラシニコフ」と「カール・マルテル」の間に

著者紹介

ケペル,ジル[ケペル,ジル] [Kepel,Gilles]
1955年生まれ。政治・社会学者。現代アラブ・イスラム世界研究。パリ高等師範学校地中海・中東研究講座ディレクター。パリ政治学院教授。ニューヨーク大学、コロンビア大学、LSE(ロンドン経済・政治学院)などで教鞭をとった。現代イスラム主義研究の先駆者として著書多数。大都市郊外でのフィールドワークによる「フランスにおけるイスラム教」、さらに「西洋におけるイスラム教」の研究でも著名

ジャルダン,アントワーヌ[ジャルダン,アントワーヌ] [Jardin,Antoine]
フランス国立科学研究センター(CNRS)研究員。パリ政治学院欧州研究センター。パリ、マドリード、バーミンガム郊外の大衆地区における投票行動の比較研究で博士号取得(2014年)

義江真木子[ヨシエマキコ]
東京大学仏語仏文学修士。フランス政府給費留学生として渡仏(パリ第3大学、パリ高等師範学校)。パリ在住。翻訳・リサーチ活動に従事。パリ第3大学通訳翻訳大学院(ESIT)講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件