バルト海のほとりの人びと―心の交流をもとめて (新装版)

個数:
  • ポイントキャンペーン

バルト海のほとりの人びと―心の交流をもとめて (新装版)

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年09月23日 20時28分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 196p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784794810472
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0036

出版社内容情報

『ムーミン』などの翻訳者として知られる小野寺百合子が北欧への思いを綴る
絵本をこよなく愛し、平和を求め続け、激動の時代を生き抜いたその原点とは 
北欧文化交流の第一世代が、ヤンソン(ムーミンの原作者)、リンドグレン(童話作家)、エレン・ケイ(婦人運動家)などとの多彩な思い出を語る

●終戦スペシャルドラマ●
7月30日(土)NHK総合テレビ よる9時?10時30分放映!
『百合子さんの絵本 ?陸軍武官・小野寺夫婦の戦争?』
に合わせ、緊急復刊!!

【ドラマのあらすじ】
『ムーミン』など児童文学の翻訳者として知られる小野寺百合子。絵本をこよなく愛し、平和を求め続けた彼女の原点には、知られざる過酷な戦争体験があった。
北欧スウェーデンを舞台に繰り広げられる、命がけの情報争奪戦。駐在武官の夫・信とともに諜報の最前線を生きた女性の姿を通し、夫婦の愛と絆を描く、スペシャルドラマ。

【出 演】
薬師丸ひろ子 香川照之 イヴォ・ウッキヴィ 千葉哲也 
利重剛 戸田昌宏 加藤剛 小林勝也 山本龍二 菅田俊 
三田村周三 小倉一郎 金田明夫 佐野史郎 吉田鋼太郎 
ほか
どうぞ、ご期待ください!


小野寺百合子[オノデラユリコ]
1906年東京生まれ。東京女子高等師範学校付属高等女学校専攻科を卒業。祖父は日露戦争で活躍し、教育総監、明治神宮宮司などを歴任した陸軍大将一戸兵衛。1927年小野寺信陸軍中尉(後に少将)と結婚。ラトビヤ公使館付武官、スウェーデン公使館付武官に任命された夫とともに前後7年間を海外で送り、「独ソ開戦」「ヤルタ密約」などを含む暗号電報打電作業など情報活動を担う。1946年スウェーデンから引き揚げ。戦後はスウェーデン社会研究所の設立に尽力、スウェーデンの社会福祉制度を研究する。1981年スウェーデン国王から勲一等北極星女性勲章を受章。1998年死去

目次

第1章 トロッチック夫妻と瑞暉亭
第2章 エレン・ケイをめぐって
第3章 スウェーデン社会研究所とともに三〇年
第4章 エルサ・ベスコフ
第5章 アストリッド・リンドグレンとトーベ・ヤンソン
第6章 ラトビアと私

著者等紹介

小野寺百合子[オノデラユリコ]
1906~1998。東京女高師附属高女専攻科卒。スウェーデン社会研究所顧問。スウェーデン児童文学書の翻訳などを手がける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

sataz

2
題のとおりだが、駐在時よりその後の話が主体。その意味でちょっと期待はずれ。ヤンソン、リンドグレーンとの話もあまりないし。スウェーデンの女性解放にかかわったエレン・ケイ(故人)、維新期から日本にいた商人トロチックの子孫との関わりなど。2016/09/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11094807

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。