歌で革命に挑んだ男―中国国歌作曲者・聶耳と日本

個数:

歌で革命に挑んだ男―中国国歌作曲者・聶耳と日本

  • 在庫が僅少です。通常、3~7日後に出荷されます
    ※事情により出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます。
    ※他のご注文品がすべて揃ってからの発送が原則となります(ご予約品を除く)。
    ※複数冊ご注文の場合にはお取り寄せとなり1~3週間程度かかります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、3~7日後に出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 279p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784794810090
  • NDC分類 762.22
  • Cコード C0073

出版社内容情報

中国国歌「義勇軍行進曲」をはじめ数々の歌曲を作曲し、「夭折の天才作曲家」と呼ばれる聶耳(ニエアル)。
彼は日本に亡命中、23歳の若さで湘南の海に消えた。その死は事故による溺死だったのか、それとも…?
戦後「聖人」に祀り上げられた「革命音楽家」の実像を、膨大な資料と現地取材をもとに描く本格評伝。
戦争前夜の時代を駆け抜けるように生きた作曲家の生涯を通じて、日中関係の未来をも展望する。

【著者紹介】
1944年生まれ、神奈川県出身。早稲田大学第一商学部卒業。日本国際貿易促進協会、中京学院大学経営学部教授などを経て、現在東北公益文科大学非常勤講師。単著『神奈川の中の中国』(東方書店)、『最新中国を知るキーワード99』(同学社)、共著『日中交流の四半世紀』(東洋経済新報社)など。

内容説明

革命音楽家、湘南の海に消ゆ。中国国歌「義勇軍行進曲」の作曲者・聶耳(ニエアル)。その知られざる実像、謀殺説が囁かれた日本での客死の真相を、最新研究と現地取材をもとに描く本格評伝!没後80年記念出版。

目次

序章 一九三五年七月一七日、神奈川県鵠沼海岸
第1章 雲南―「革命音楽家」を育んだ日々(生い立ち;音楽への情熱、思想の目覚め ほか)
第2章 激動の上海―音楽の研鑽と初恋の行方(タバコ問屋で働く;聯華歌舞団に入る ほか)
第3章 映画界に入る(左翼映画に携わる日々;レコード会社での仕事 ほか)
第4章 亡命と客死(東京での生活;湘南での休暇 ほか)
第5章 国歌への道(抗日救国合唱運動の高まりの中で;新中国の成立、暫定国歌に ほか)
終章 「義勇軍行進曲」の作曲者と日本

著者等紹介

岡崎雄兒[オカザキユウジ]
1944年、日本植民地下の京城(現ソウル)に生まれる。早稲田大学第一商学部卒業。商社および日本国際貿易促進協会を経て、山形県立産業技術短期大学校、東北公益文科大学、中京学院大学に勤務。現在は東北公益文科大学非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

鈴木貴博

0
雲南昆明に生まれ、湘南鵠沼の海で亡くなるまでの聶耳の人生、そして聶耳が抗日映画“风云儿女”の主題歌として作曲した“义勇军进行曲”が中華人民共和国の正式な国歌となるまで。一筋縄ではいかないこの時代と人々について、学びの多い一冊。2017/05/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9748510

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。