歌で革命に挑んだ男―中国国歌作曲者・聶耳と日本

個数:
  • ポイントキャンペーン

歌で革命に挑んだ男―中国国歌作曲者・聶耳と日本

  • 岡崎 雄兒【著】
  • 価格 ¥3,080(本体¥2,800)
  • 新評論(2015/07発売)
  • ウェブストア ポイント5倍キャンペーン
  • ポイント 140pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年08月13日 15時53分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 279p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784794810090
  • NDC分類 762.22
  • Cコード C0073

内容説明

革命音楽家、湘南の海に消ゆ。中国国歌「義勇軍行進曲」の作曲者・聶耳(ニエアル)。その知られざる実像、謀殺説が囁かれた日本での客死の真相を、最新研究と現地取材をもとに描く本格評伝!没後80年記念出版。

目次

序章 一九三五年七月一七日、神奈川県鵠沼海岸
第1章 雲南―「革命音楽家」を育んだ日々(生い立ち;音楽への情熱、思想の目覚め ほか)
第2章 激動の上海―音楽の研鑽と初恋の行方(タバコ問屋で働く;聯華歌舞団に入る ほか)
第3章 映画界に入る(左翼映画に携わる日々;レコード会社での仕事 ほか)
第4章 亡命と客死(東京での生活;湘南での休暇 ほか)
第5章 国歌への道(抗日救国合唱運動の高まりの中で;新中国の成立、暫定国歌に ほか)
終章 「義勇軍行進曲」の作曲者と日本

著者等紹介

岡崎雄兒[オカザキユウジ]
1944年、日本植民地下の京城(現ソウル)に生まれる。早稲田大学第一商学部卒業。商社および日本国際貿易促進協会を経て、山形県立産業技術短期大学校、東北公益文科大学、中京学院大学に勤務。現在は東北公益文科大学非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

中国国歌「義勇軍行進曲」をはじめ数々の歌曲を作曲し、「夭折の天才作曲家」と呼ばれる聶耳(ニエアル)。
彼は日本に亡命中、23歳の若さで湘南の海に消えた。その死は事故による溺死だったのか、それとも…?
戦後「聖人」に祀り上げられた「革命音楽家」の実像を、膨大な資料と現地取材をもとに描く本格評伝。
戦争前夜の時代を駆け抜けるように生きた作曲家の生涯を通じて、日中関係の未来をも展望する。

【著者紹介】
1944年生まれ、神奈川県出身。早稲田大学第一商学部卒業。日本国際貿易促進協会、中京学院大学経営学部教授などを経て、現在東北公益文科大学非常勤講師。単著『神奈川の中の中国』(東方書店)、『最新中国を知るキーワード99』(同学社)、共著『日中交流の四半世紀』(東洋経済新報社)など。