積極財政宣言―なぜ、アベノミクスでは豊かになれないのか

個数:

積極財政宣言―なぜ、アベノミクスでは豊かになれないのか

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年12月02日 12時26分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 267p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784794810069
  • NDC分類 332.107
  • Cコード C0033

出版社内容情報

リーマン・ショック以降、経済の長期停滞は日本のみならず先進国共通の問題となりつつある。世界恐慌当時と同様、現実を説明できない主流派経済学は信認を失いつつある。
 本書は、職業的経済学者ではない筆者が、「積極財政論」「内生的景気循環論」という立場から、経済の長期停滞の原因と巨大金融危機の周期的な発生メカニズムについて包括的な解明を試み、政府の長期にわたる支出抑制こそが日本の「失われた二〇年」の原因であることを論証したものである。読者が難解な経済学の知識を持つことを前提とはせず、筆者自身の実務経験も踏まえた、豊富なデータに基づく実証的な議論を展開している。
 とはいえ、本書は学術的論点を軽視した書物ではない。豊富な実務経験を持っていたケインズの『一般理論』をルーツとする積極財政論はもちろんだが、内生的景気循環論もまた、シュンペーターが遺作『経済分析の歴史』で喝破したように、資本主義経済の基礎的理論となるべきにもかかわらず、非現実的な主流派経済学から異端の烙印を押された、実務家中心に発展してきた理論である。その意味では、現代の実務感覚に基づき、二〇世紀の二大経済学者が遺したヴィジョンの復権を目指した試みとも言えるだろう。
 政府支出を持続的に拡大する積極財政こそが、経済の停滞のみならず、格差、大規模災害、エネルギーといった国民的課題の解決に不可欠である。これに対して、アベノミクスで行われている大規模金融緩和や構造改革は、いわゆるリフレ派や新自由主義に基づく誤った経済政策であり、経済全体の不安定性や格差を拡大するものでしかない(消費税増税で明らかなように、「機動的な財政政策」もまた、積極財政論とは異質のものである)。多くの国民がこうした現実を理解することが、より良い未来への第一歩となるであろう。(しまくら・はじめ)

【著者紹介】
1974年生まれ。経済評論家。東京大学法学部卒業。株式会社クレディセゾンに所属し、セゾン投信株式会社取締役などを歴任。会社勤務の傍ら、京都大学大学院工学研究科博士課程に在籍中(都市社会工学専攻)。景気循環学会会員。

内容説明

ケインズとシュンペーターのビジョンを復権し、日本経済の真実を明解に示した『21世紀の一般理論』。気鋭のエコノミストが描く、日本経済復活の処方箋!!

目次

第1章 「積極財政宣言」とは何か
第2章 失われた二〇年を検証する―「マクロ経済政策の失敗」以外の説明は可能か
第3章 金融政策か、財政政策か―大恐慌、昭和恐慌、そして失われた二〇年
第4章 内生的景気循環論で読み解く日本経済
第5章 経済政策のあるべき姿
第6章 おわりに―「より良い社会」を実現するために

著者等紹介

島倉原[シマクラハジメ]
1974年生まれ。経済評論家。1997年、東京大学法学部卒業。株式会社クレディセゾンに所属し、株式会社アトリウム担当部長、セゾン投信株式会社取締役などを歴任。景気循環学会会員。現在、京都大学大学院工学研究科博士課程に在籍中(都市社会工学専攻)。会社勤務と学業の傍ら、インターネットを中心に、積極財政の重要性を訴える経済評論活動を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ドクターK(仮)

3
主流派経済学とそれに基づく財政均衡主義を理論面、実証面から批判し、積極財政の必要性を説く。また、金融緩和に偏重するいわゆるリフレ政策の問題点も指摘し、財政政策の果たす役割を強調している。さらに、ケインズとシュンペーターという経済学の二大巨頭の思想を参照し、積極財政の基盤となるビジョンを提示している。このように、本書は理論、データ、歴史、そして思想を踏まえた包括的な議論を展開しており、「21世紀の一般理論」という帯のコピーも決して誇張ではないと感じた。ひょっとすると著者は21世紀のケインズになり得るのでは?2015/06/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9667903

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。