震災復興と地域産業〈2〉産業創造に向かう「釜石モデル」

個数:

震災復興と地域産業〈2〉産業創造に向かう「釜石モデル」

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B6判/ページ数 260p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784794809322
  • NDC分類 602.12
  • Cコード C0060

内容説明

日本近代製鉄業発祥の地、岩手県釜石。被災から二年、復興の課題に加えて、従前からの「人口減」という課題が重くのしかかっている。釜石の未来は、日本の未来を象徴しているようにもみえる。本書ではそのような視角に立ち、復興の現状、企業誘致・雇用の情勢、金融の課題、中小企業・生活産業・観光業の新たな取り組み、NPOとの連携、日米企業家交流など、釜石の再生への挑戦を「希望のモデル」として提示する。

目次

津波被災からの地域産業復興
第1部 釜石産業経済の被災と復興の輪郭(釜石の被災と復興―復興まちづくり基本計画策定担当者の報告;新日鐵と誘致企業;雇用情勢と課題―事業再開による雇用回復)
第2部 釜石の地域産業・中小企業の復興と課題(モノづくり中小企業の被災と復興―逞しく立ち上がる地元企業と進出企業;漁業、水産加工業の復活と課題―高加工度、高付加価値化を目指す;「仮設商店街」の展開―希望と安心のコミュニティ;観光業の被災と復興―震災後の創造的な活動のひろがり)
第3部 復興に向けた多様な取り組み(産業復興・地域創造とNPO―東北発・ソーシャルイノベーションの芽生え;復興に向けた金融の課題―地域独自の復興金融創設に向けて;釜石復興の三人のキーパーソン、アメリカを行く―『東日本復興のための日米企業家交流促進プロジェクト』)
釜石の新たな地域産業をつくる

著者等紹介

関満博[セキミツヒロ]
1948年富山県生まれ。1976年成城大学大学院経済学研究科博士課程単位取得。現在、明星大学経済学部教授、一橋大学名誉教授。博士(経済学)。岩手県東日本大震災津波からの復興に係わる専門委員。宮城県気仙沼市震災復興会議委員。福島県浪江町復興有識者会議委員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

壱萬弐仟縁

4
被災者の方々に衰退のスパイラルを食い止め、顔を上げてもらうこと(28頁)。容易なことでないが、本書はその一助となっている。玄田有史教授の「希望学」でも取り上げた釜石市のケースが収録されている。松永桂子准教授の、仮設商店街(152頁~)は、人が集い、賑わいを取り戻す試みの紹介。建設現場にありそうな2階建てのプレハブ住宅から成る青葉公園商店街(156頁)。市民自らが造り出す創造的な場は、人びとを惹きつける場となっていく(188頁)。松永先生は中山間地域のご著書もあり、いつか読んでみたいと思う。震災復興=創造。2013/04/14

Humbaba

2
早く行動するということは、それだけできることを増やすということにつながる。そこにはたしかにリスクがあるが、周囲の環境から見て問題ないと思えば、思い切って進むことが大切である。最初につけたリードを後発の人間が追いつくのは、非常に難しいことである。2013/07/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6369545

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。