3.11以後を生きるヒント―普段着の市民による「支縁の思考」

個数:

3.11以後を生きるヒント―普段着の市民による「支縁の思考」

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 308p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784794809100
  • NDC分類 369.31
  • Cコード C0036

目次

序 3.11以前を乗り越えるために―支援・五つの原則
1 小さな一歩から
2 人助けに理由はいらない
3 寄り添う
4 境界を越えて
5 米沢に学ぶ
結 非日常が日常の姿を露わに照らし出す―断章・東日本大震災が私たちに教えるもの

著者等紹介

三好亜矢子[ミヨシアヤコ]
1956年、愛媛県生まれ。家庭通信社記者、ドキュメント・アイズ代表。3.11以後、福島県二本松市の有機農家との交流グループ「てふてふねっと」を創設し援農ツアーを主宰

生江明[ナマエアキラ]
1948年、東京都生まれ。日本福祉大学経済学部教授、社会開発国際調査研究センター代表。家業の手工業製造業に携わりながら、民衆政治思想史を学び、バングラデシュで生計向上プログラムに参加した。以降、さまざまなNGOやODAの途上国社会開発支援に従事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

大いなる代償を払って私たちは「近代」と訣別する大きなチャンスを得た。震災「支縁」が私たちに伝える明日へのメッセージ!

東日本大震災では、「絆」の大合唱の下、官民を問わずスーパーマンのような「自己完結型」のボランティア像が強調されることで自発的な市民の動きが抑制される動きが目立ちました。他方、どこにでもいる普段着の市民によるユニークな支援の「かたち」も無数、出現しました。本書では、第一部で今回の震災で行われた政府はじめ自治体、NPO、市民グループなどによるさまざまな支援について振り返ります。第二部では日本人のDNAに息づく「困っているときはお互いさま」の精神に基づき、「支援」ならぬ自由闊達な「支縁」を展開した13名の方々から原稿をお寄せいただきました。宮城県山元町を拠点に「がれきに見えるもの」の中からそれぞれの家族にとって大切なものを掘り出す若者グループはじめ、他県の町会と防災協定を結んでいた宮城県仙台市の町会長やコンビニより多いお寺のネットワークをフル回転させた岩手県最上町のご住職、福島第一原発事故による放射能汚染の影響を少しでも軽減しようと短期疎開などの活動を進める福島市在住の女性たちなど、知恵と工夫が詰まった多彩な活動を展開してきた方々です。私たち編者はこうした「支縁」を貫くものを、「小さく」「多様であること」「現場中心で丁寧」「対話重視」「夢があること」の五原則にまとめました。第三部では、3・11以前の便利で快適、経済効率重視の社会を取り戻すためではなく、自然や他者、未来世代と共生しながらお互いが支え合う、小さなコミュニティをアメーバ状につなぐ「支縁」の思想について考察します。大いなる苦しみと悲しみに満ちた代償を払って私たちは「近代」と訣別する大きなチャンスを得ました。本書が読者の皆さんにとって3・11以後をともに生きるためのヒントになれば望外の幸せです。(編者 三好 亜矢子)