きのうのつづき―「環境」にかける保育の日々

個数:

きのうのつづき―「環境」にかける保育の日々

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2019年09月20日 03時53分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 228p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784794808936
  • NDC分類 376.1
  • Cコード C0037

目次

第1章 「もの」とのかかわり
第2章 「自然」とのかかわり
第3章 「人」とのかかわり
第4章 「場」とのかかわり
第5章 「時間」とのかかわり
第6章 「ことば」とのかかわり
第7章 子どもが育つ保育の仕組み

著者等紹介

宮原洋一[ミヤハラヨウイチ]
写真家。私立桐朋学園初等部に37年間勤務して初等教育に携わる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

環境が整えば、子どもは遊び、学び、成長していく―「環境」という視点に基づき独創的な保育を行う幼稚園の実践の記録。 

昨年(2011年)7月、政府による「子ども・子育て新システム」の中間とりまとめが行われ、それに基づいて今後の保育園や幼稚園のあり方が検討されている。しかし、いかに制度的な議論がなされても、個々の現場でどのような保育が行われるのかに関する根本的な論議がなされなければ、子どもにとっての「最善の利益」をめざすことは難しいはずである。本書は、埼玉県入間市仏子で営まれている「あんず幼稚園」が過去20年にわたり積み上げてきた保育実践の集大成である。子どもをめぐる「環境」は、大きく「物的環境」「自然的環境」「人的環境」「時間的環境」に分けて考えることができる。大人の主な仕事は、いかにしてこれらの環境を子どものために整えるかであり、環境が整えば子どもはその中で自然に成長していく。これがあんず幼稚園の保育実践であり、保育観である。その根底には、子どもの力に対する信がある。子どもは大人が何もかも手取り足取り教えなければ育たない存在ではなく、自ら育っていく力を内包した存在なのである。本書は、あんず幼稚園の日々を3年余にわたって撮影してきた宮原洋一氏の写真と、大人たちがどのように「環境づくり」に取り組んでいるかを記した文章から構成されている。各写真には、子どもたちの声が聞こえてきそうな楽しい解説が付されており、この独創的な幼稚園の現場の雰囲気が生き生きと伝わってくる。保育のあり方が大きく変わろうとしている今、すでに保育に携わっておられる現場の方々、保育者を目指している方々、また広く子どもの保育・教育の将来に関心をお持ちの方々に、「環境」という視点から保育を見直すきっかけとして本書を活用していただければ幸いである。