太古の光景―先史世界の初期絵画表現

個数:
  • ポイントキャンペーン

太古の光景―先史世界の初期絵画表現

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A4判/ページ数 284p/高さ 24cm
  • 商品コード 9784794808059
  • NDC分類 457
  • Cコード C0040

内容説明

「人間が存在しない時代の光景」はいかに描かれてきたか。19世紀に誕生した「太古の光景」という表現のジャンルを、傑出した科学史家が105枚の図版をもとに緻密に検証し、“科学的・芸術的想像力”の歴史を浮き彫りにする。

目次

1 天地創造と大洪水
2 過去への鍵穴
3 太古の世界の怪物たち
4 最初の連続的光景
5 怪物たちを飼い慣らす
6 確立したジャンル
7 すべてのことを解き明かす

著者等紹介

ラドウィック,マーティン・J.S.[ラドウィック,マーティンJ.S.][Rudwick,Martin J.S.]
1932‐。ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジで学び、1958年に地質学の博士号を取得。腕足類の研究から出発したが、次第に科学の歴史・哲学に研究の力点を移す。カリフォルニア大学サンディエゴ校教授をつとめたのち、1998年に同大学を退職しイギリスに戻る。現在はカリフォルニア大学名誉教授、ケンブリッジ大学科学史・科学哲学科所属の研究員

菅谷暁[スガヤサトル]
1947年生まれ。東京都立大学大学院人文科学研究科博士課程退学。科学史専攻(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

「目撃しえない光景」を人間はいかに描いてきたか?多数の貴重な図版で辿る科学=芸術的想像力の歴史。

皆さんは自然史博物館やテレビ番組で「太古の光景」(たいていは恐竜たちが闊歩している)をご覧になったことがあるでしょう。本書はその「太古の光景」の一九世紀における誕生と初期の発展の過程を叙述したもので、「光景」の変遷を示す105枚の図版と、「光景」制作者による八六篇の解説の文章と、著者ラドウィックによる時代背景の説明からなっています。ですが本書にはティラノサウルスは登場しません。当時知られていた数少ない恐竜の一つイグアノドンも、サイのように四足で這う鈍重な姿で描かれています。現在描かれる「太古の光景」の方が正確で豊かなものになっているのは、むろんその後の研究が進んだためです。しかし「太古の光景」の黎明期においては、化石が発見されその研究が進んだから、太古の光景が自動的に誕生し発展したと考えることはできません。
 太古の光景を最初に思い描くにあたって問題だったのは、人間が存在しない時代の光景をどうして「人間の視点」によって描けるかということでした。これを解決したのは思いがけなく、西欧に古くから存在した聖書の挿絵でした。科学者を悩ませたもう一つの問題は、「太古の光景」には多かれ少なかれ想像によらなければならない部分が含まれるということです。ここでは指導的な科学者より、傍系の(あるいは周縁にいた)科学者の方が斬新で大胆な行動をするという面白い現象が見られます。
 最初期に描かれた太古の光景は単一の未分化の光景でした。人類以前の時代は「太古」として一つにくくられ、時代の異なる生物が一緒くたに単一の光景の中に登場していました。「太古」の各時期を追う連続的光景が創作されたとき、地球にも長大な「歴史」のあることが広く大衆に知られるようになったのです。連続的光景の最後に登場するのは「人間」です。「人間の誕生」を描くとき、「太古の光景」には制作者のさまざまな思いが投影されるという事態が最もあらわになります。ある制作者は、初版では聖書の教義にのっとり「エデンの園のアダム」的な光景を描いていましたが、四年後の第六版では、当時の先史学の成果を踏まえ、石斧をもち獣皮をまとう原始人の光景に劇的に変更しなければならなかったのです。
 書きたいことは尽きません。これから先はぜひ皆さんが本書を手にとって、図版とともに、現代の科学史家の中では最もすぐれている(と訳者の思う)ラドウィック氏の、「簡潔にして緻密な」(この実にぴったりの言葉は担当編集者が使ったものですが)記述をお楽しみください。(すがや・さとる 科学史)