天使に見守られて―癌と向きあった女性の闘病記録

個数:

天使に見守られて―癌と向きあった女性の闘病記録

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 212p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784794808042
  • NDC分類 949.76
  • Cコード C0036

目次

第1章 完璧な家族
第2章 生命の木
第3章 河口にて
第4章 支える人
第5章 足跡を残す
第6章 最後の意志
第7章 心を和ませる眠り
第8章 終わりの日
第9章 エピローグ
第10章 思いやりのとき
第11章 デンマークのホスピス

著者等紹介

フィッシャー緑[フィッシャーミドリ]
1942年生まれ。1964年よりデンマーク在住。2000年よりデンマーク日本人会会長として、在留日本人間のネットワーク確立、デンマークと日本の相互理解に努める。通訳、翻訳、視察研修コーディネーター業

須山玲子[スヤマレイコ]
1939年生まれ。1962年、上智大学文学部英文科卒。2001年、文化庁派遣在外研修生としてデンマークで研修した後、「すかがわ国際短編映画祭」で、主として北欧の優れた児童映画を紹介している。フィルム・コーディネーター(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

癌と向き合った一人の女性が勇気をもって遺した闘病の記録

デンマークは日本と比べて人口は約25分の1、国土は約8分の1の北欧の小国ながら、社会福祉の先進国として、また世界で一番住みよい国として知られる。その国で、癌を患ったひとりの女性が病とどのように向き合って生きたか、最後の日々をホスピスでどのように過ごしたかを、写真とともに記録したのが本書である。私は毎年映画祭に参加するためデンマークを訪れるのだが、その度にコペンハーゲン郊外に住む友人エルセ・デュアホルムさんの家に泊めてもらう。思いやりと博識さでいつも歓待してくれるエルセ夫人とのお茶の時間は、私にとって至福の時である。このエルセ夫人がある時、彼女の親友の娘さんが癌に冒され、42歳の若さで最愛の家族(夫、娘、息子)を残して亡くなったという話をしてくれた。そしてその人の闘病生活を記録した本が出版されたという。詳しく話を聞いているうちに、単なる逸話として聞き流せない何かが私の心に残った。私は4年前に夫を悪性脳腫瘍で亡くした。最後の約一か月間を、神奈川県のピースハウス病院(日本で最初の独立型ホスピス病院)で娘と共に夫に寄り添って過ごした体験から、この記録がとても貴重なものに感じられ、日本に紹介すれば医療に携わる人々や患者さんを介護する家族の方々のお役に立つのではないか、という強い思いが芽生えた。本書の主人公ベネディクテさんは、病床からデンマークのホスピスをめぐる問題への提言を新聞に投書し、メディアの取材を受け入れ、自身と家族のありのままの姿を記録し出版することに同意された。彼女が強い意志と勇気によって遺した記録は、デンマークの人々にホスピスの重要性を気づかせた。闘病者の心の軌跡、寄り添う家族それぞれの想い、ホスピスの医師やスタッフをはじめ周囲の人々の支えなど、本書から学ぶことは数多い。死は誰にも訪れる。ベネディクテさんが伝えようとしたメッセージが海を越えて日本の読者の方々に届き、生と死を考えるきっかけとなればと願っている。(訳者 すやま・れいこ)