ネアンデルタール人の首飾り

個数:
  • ポイントキャンペーン

ネアンデルタール人の首飾り

  • 在庫が僅少です。通常、1週間程度で出荷されます
    (※出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます)
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、1週間程度で出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 350p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784794807748
  • NDC分類 469.2
  • Cコード C0045

内容説明

ネアンデルタール人の“文化”と“運命”とは、どのようなものだったのか?世界屈指の古人類学者が、関連諸科学の成果もあざやかに織り込みつつ描く、人類の起源と未来をめぐる刺激にみちた物語。

目次

第1部 過去の影(孤独なある種;人類のパラドックス;ネアンデルタール人)
第2部 氷河時代の生活(にぎやかな森;トナカイがやってくる!;大絶滅)
第3部 歴史の語り手たち(毒いりの贈り物;火の子どもたち;そして世界は透明になった;家畜化された人間)

著者等紹介

アルスアガ,フアン・ルイス[アルスアガ,フアンルイス][Arsuaga,Juan Luis]
1954年マドリードに生まれる。世界屈指の古人類学者。マドリード大学(ネアンデルタール人研究の一翼を担っている)古人類学教授、ロンドン大学客員教授。発掘副責任者を務めるスペイン・アタプエルカ山地の考古遺跡(世界遺産)におけるホモ・アンテセソールに関する発見と研究は人類進化の歴史を書き換え、1997年にはその功績にたいし「スペイン皇太子賞」(Premio Pr´incipe de Asturias)を授与された。2002年よりアメリカ科学アカデミー会員

藤野邦夫[フジノクニオ]
1935年石川県に生まれる。早稲田大学フランス文学科卒業。同大学院中退。東京大学講師、女子栄養大学講師などを務める

岩城正夫[イワキマサオ]
1930年東京都に生まれる。大学卒業後、中学教師、雑誌編集者、学会事務局員、高校教師などを経て大学教師に。2001年和光大学名誉教授。古代発火法検定協会理事長。2008年、「手作りとお喋り(セルフメイド友の会)」を若い仲間たちと立ち上げる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

スペイン北部のブルゴスに近いアタプエルカ山地で、40万年前から35万年前の人類の化石が発見されたのは、1976年のことだった。そのときから発掘計画がはじまり、いまでは28体以上のネアンデルタール人の祖先にあたる4000個以上の化石が出土している。さらに周辺から、80万年前の6体の人骨が発掘された。発掘はいまも進行中であり、頭骨と下顎骨と骨片が発掘される程度のほかの遺跡と違って、最初の埋葬儀礼がおこなわれたこの場所には、人骨のすべての細部がそろっていた。つまり、アタプエルカ山地はアフリカをでたホモ・エルガスターがネアンデルタール人に進化するまでの過程を推定できる、世界最大のもっとも充実した遺跡となっている。
 わが国にも知られるスペインの代表的な古人類学者フアン・ルイス・アルスアガは、本書でアフリカに誕生した最古の人類が、ユーラシアを舞台にして現代人(クロマニョン人)にたどりつくまでの包括的な見取り図を作成した。本書の最大の特色は、イベリア半島から中東と中央アジアにかけて、100万年以上にわたって分布したネアンデルタール人とかれらの祖先の生態を、地理(風景)と気候(連続した氷期と間氷期)と動植物(生態系)に深く関連づけて考察したことにある。著者はさらに解剖学や関連科学の成果を動員して、ネアンデルタール人の精神現象にまで立ちいって論じている。
 読者は本書によって、ネアンデルタール人が現代人と無関係に進化したとしても、現代人とおなじように明確な意識をもって、意識的に行動したヒト属だったことを理解するだろう。本書で紹介されるさまざまな議論は、かれらが現代人より知的・技術的に劣ったヒト属でなかったが、微妙な一点で違っていたことを示唆して刺激的である。(ふじの・くにお 翻訳家)