地域産業の「現場」を行く―誇りと希望と勇気の30話〈第1集〉地域の片隅から

個数:

地域産業の「現場」を行く―誇りと希望と勇気の30話〈第1集〉地域の片隅から

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B6判/ページ数 272p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784794807656
  • NDC分類 332.9
  • Cコード C3033

出版社内容情報

日本と中国の30のケースを追いかけ、人びとが「誇り」を抱き、「希望」と「勇気」を胸に一歩踏み出していることを痛切する。フロンティアに生きる人びとの「思い」を受けとめ、地域の未来を探求し続ける経済学者のライフワーク!

地域産業問題を専門にしている私は、この20~30年、日本とアジアの灼熱の「先端」か、あるいは「最後尾」と思える地域を訪ね歩いてきた。「先端」は次の時代を指し示し、「最後尾」は問題の構造を赤裸々に見せつけてくれる。それら両極を体で感じ、さらに他の情報を加えながら、私たちの「未来」を立体的に組み立てることばかり考えていた。
 この20年の中国の「現場」は実に刺激的なものであり、多くの「発見」をさせてくれた。また、国内の条件不利地域の「現場」でも意外な「場面」に出会うことが少なくなかった。いずれの地域でも人びとは必死の「思い」で「未来」に向かっているように見えた。
 地域産業振興を論じる世界では、他地域から収入を得られる産業振興が念頭にあり、「企業誘致」「起業」などが深く意識されてきた。だが、条件不利地域に暮らす人びととの交流を深めていくに従い、もう一つ「第三の道」があることを痛感させられる。それは「誇り」「希望」「勇気」といった言葉で語られる世界なのかもしれない。それは中国でも、日本の条件不利地域でも同様に見えた。
 もちろん、「企業誘致」「起業」といった道を無視するわけにはいかない。この第一、第二の道と共存、調和できる第三の豊かな大人の地域を作っていくことが、私たちに求められている。
 そして、このようなフロンティアを巡り歩いていると、「人材」の重要性を改めて痛感させられることになる。人びとに「誇り」「希望」「勇気」を抱いてもらうことが何よりも必要であろう。
 以上のような視点に立って、本書は日本と中国の30のケースを追いかけていく。人びとが「誇り」を抱き、「希望」と「勇気」を胸に一歩踏み出していることが何よりなのであろう。
 なお、本書はNHKラジオ第一放送の『ビジネス展望』で語ったものをベースとしている。四週に一度、早朝の6時43分から10分の生番組だが、常に新しい「現場」を伝えることに気を配っている。わずか10分ゆえに、十分に伝えられないことが多いが、これを突破口に皆様が独自に「現場」に踏み込み、新たな世界を切り開かれていくことを期待したい。(せき・みつひろ)

内容説明

いま成熟化、少子高齢化の中で、人の姿の見える「地域」の重要性が高まり、各地で新たな興味深い取り組みが重ねられている。それは地域産業振興の「第三の道」と言えるものかもしれない。

目次

1 日本の地方の片隅で何が起きているか(島根県旧吉田村―山村の「地域ブランド」への挑戦;栃木県茂木町―集落単位の取り組みによる地域おこし;岡山県新庄村―辺境の「村」のコミュニティビジネス ほか)
2 中国の片隅で何が起きているのか(北京市―シリコンバレーのソフト産業;瀋陽市―東北大学と東軟集団;温州市―民営中小企業の現在 ほか)
3 日本も中国も「人材育成」の時代(島根県海士町―隠岐島の中学生が一橋大学で講義;山形県長井市―工業高校は地域の「宝」;島根県松江市―高専の「地域産業論」の開講 ほか)

著者等紹介

関満博[セキミツヒロ]
1948年富山県生まれ。1976年成城大学大学院経済学研究科博士課程修了。現在、一橋大学大学院商学研究科教授。経済学博士。受賞:1984年第9回中小企業研究奨励賞特賞、1994年第34回エコノミスト賞、1997年第19回サントリー学芸賞、1998年第14回大平正芳記念賞特別賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

壱萬弐仟縁

14
6年前に出た本。各話冒頭に逆風突破のカギが箇条書きされる。地域とはここが自分のまちと思える範囲(1頁~)。企業誘致、起業と違う、誇り、希望、有期(4頁)。栃木県茂木町の元古沢集落ではゆずの大木に注目し、この資源を活用し、オーナー制度、味噌、ジャムなどの加工、販売している(27頁)。島根県雲南市は中山間地域。市民、産学官の連携と交流を重視(45頁)。中国の一村一品運動(118頁~)。言うまでもなく、大分県発祥の地域づくり哲学だが、中国では郷鎮企業が主体となった産業振興が ある。  2014/10/06

baboocon

4
☆☆☆2009/09/05

denken

1
島根押しなら読むしかないじゃん。2012/04/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/332498
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。