愛するということ―「自分」を、そして「われわれ」を

個数:

愛するということ―「自分」を、そして「われわれ」を

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年11月15日 02時16分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 182p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784794807434
  • NDC分類 135.5
  • Cコード C0036

内容説明

「生き残る」のではなく、人間らしく「存在」するために。「私」を育てるということ、「われわれ」の内で自分に「なる」ということ、未来を育てるということ。現代フランス哲学書の市民的ベストセラー。

目次

第1章 本源的ナルシシズムの破壊(ナルシシズムと治安の問題;ナルシシズムの構造には歴史がある;ナルシシズム、消費、行為への移行;生成と未来;「私」と「われわれ」の連結 ほか)
第2章 心的かつ集団的個体化のプロセスの破壊と、「悪」について(「みんな」―もう証人はいない;答唱―崇拝の対象;グローバル・オーディエンス;ナルシシズム、ディアクロニー、通約不可能性;嫌悪と不信 ほか)

著者等紹介

スティグレール,ベルナール[スティグレール,ベルナール][Stiegler,Bernard]
1952‐。デリダの指導で哲学博士号を取得したのち、大学講師を経て、INA(国立視聴覚研究所)副所長、IRCAM(音響・音楽研究所)所長などの要職を歴任。またフランス国立図書館のアーカイヴ化に携わるなど、フランスのメディア政策を主導し、現在はポンピドゥー・センターの文化開発ディレクターを務める。さらに文化産業が支配する現代社会を問題化する国際的運動組織Ars Industrialisを立ち上げ、精力的に活動している

メランベルジェ,ガブリエル[メランベルジェ,ガブリエル][Mehrenberger,Gabriel]
上智大学教授。専門はフランス現代思想、フランス語文体論

メランベルジェ眞紀[メランベルジェマキ]
上智大学講師。上智大学外国語学部フランス語学科卒業、東京都立大学大学院博士課程満期退学、パリ第一大学DEA取得(哲学史)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

「生の実感」を求めてやまない現代人。その表現としての消費活動、非政治化、暴力、犯罪によって崩壊するものとは!!

自己愛という言葉は、自分に酔うナルシストや、利己的なエゴイストを連想させるからか評判があまり良くない。しかし一方で、今ほど「自分を愛する」ことを皆が求めてやまない時代はかつてなかったのではないか。本書でスティグレールは、自分(個)というのは自分に「なる」プロセスなのだ、と繰り返し説いている。個体化とは時間の経過とともに、違う自分になっていくことであり、己のうちの他者を育むことなのだ。しかし個とはそれ自体で変化していくわけではなく、「私」は様々な集団に属して影響を受けつつ、またそこで何らかの役割を担うことで、その「われわれ」の中における唯一無二の存在として認証されていくのである。ところが現在この「私」と「われわれ」双方の個体化が頓挫している。というのも今日の市場経済は、世界標準規格の消費者を作り出すために、最先端技術を駆使して人々の行動様式を極度にシンクロさせようとしており、こうして同じような価値観や美的感覚、想像力や記憶をもつようになった消費者たちは、未知のものを欲望してあらたなものに変化することができなくなり、結果的に自分をもう愛せなくなっていくのである。真の意味での自己愛そして友愛とは、自己や「われわれ」のうちのまさに不一致や矛盾を推進力として、未来を志向し、開いていくことである。技術はそのために使ってこそ「文明」の利器となる。だからこそ今、テクノロジーの社会的役割を徹底的に批判検証しなければならない。そして、グローバル経済の中でただ「生き残る」ことに甘んじず、人間らしく「存在」する方策が具体的に生み出される産業政治を創始しなければならないのだ。