アジア市場のコンテキスト“東アジア編”―受容のしくみと地域暗黙知

個数:

アジア市場のコンテキスト“東アジア編”―受容のしくみと地域暗黙知

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年05月17日 21時35分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 300p
  • 商品コード 9784794806970
  • NDC分類 332.2
  • Cコード C0033

出版社内容情報

企業のグローバリゼーションが進む中、中国が「巨大市場」として脚光を浴び始めてから、どれだけの歳月が流れたであろうか。「巨大市場」には、外資や中国資本による生産活動の急展開(工場の大量出現)がもたらした「資源・材料・部品市場」と、一三億人が形成した「消費市場」との二つがある。前者については、よく知られるように、すでに多くの企業が相当の利益を享受してきた。
 ところが、後者の「消費市場」に目を向けると、事情が一変する。意外なことに、いまだに利益を得られていない企業が珍しくないのだ。確かに、中国人の平均的な所得からすれば、とてつもなく高価な耐久消費財が売れているし、食堂での食事の三~五倍もするコーヒーを売る「スターバックス」が賑わったりもしている。しかし、それらは全体から見ると例外的であり、日本を含めた外資の消費財メーカーや流通業(グローバル企業)の多くが苦境に陥っている。つまり、「消費市場」としての中国市場は、一般に想像されているほど「巨大」でもなければ「容易く」もないことが明らかになりつつあるのである。
 実は、このような現象は台湾市場や韓国市場でも起きている。一体、東アジア市場で何が起きているのであろうか。企業は何を読み違えているのであろうか。
 本書は、中・韓・台の三つの消費市場をとりあげて、それぞれの消費市場が有する固有のダイナミズム(市場の論理)に迫ったものである。各市場が有する固有のダイナミズムを「ローカルな市場のコンテキスト」と呼び、東アジアに流れるコンテキストの解明と、その解読のキーを提示している。
 本書により、これまで気づかなかった東アジアの新しい姿が見えてくると共に、グローバリゼーションの真の意味、真の姿も理解できるであろう。本書は前著[東南アジア編]の続編である。アジア市場やグローバリゼーションへの一層の理解のためにも併せて読んでいただきたい。(かわばた・もとお)

内容説明

「反日」「親日」「巨大」市場の謎に迫る。中国・台湾・韓国の消費市場のダイナミズムを現場の視点で解読し、グローバル化の真実を解明する。

目次

第1章 越境するドラマと受容の脈絡
第2章 いま、東アジアで何が起きているのか
第3章 東アジアの「反日」と市場の脈絡
第4章 韓国の流通市場
第5章 台湾の「親日」と市場の脈絡
第6章 台湾の消費市場
第7章 「巨大消費市場」への幻想と市場の脈絡
第8章 中国の流通市場(北京、上海、大連)
第9章 中国の流通市場の脈絡(香港、広東)
第10章 東アジア市場の脈絡を探る

著者等紹介

川端基夫[カワバタモトオ]
1956年、滋賀県生まれ。大阪市立大学大学院修了。経済学博士。龍谷大学経営学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。