海外非派兵の論理―日本人の独善的平和観を問う

個数:

海外非派兵の論理―日本人の独善的平和観を問う

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B6判/ページ数 221p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784794803412
  • NDC分類 319.8
  • Cコード C0031

内容説明

日本近代史における「海外派兵」の意味を問いつつ、日本的自衛・国際的平和観を検証する野心作。

目次

序章 「自分本位」な「平和」観―「鎖国」が育んだもの
第1章 「海外派兵」と「大国」日本―奢り…そして破滅への日々
第2章 吉田茂と「海外非派兵」―閉ざされた扉
第3章 扉の開閉をめぐって―揺れる「海外非派兵」
第4章 閉ざされた扉の奥で―つかの間の「小休止」
第5章 PKOへの道―扉は開かれた?
終章 戦後日本と「海外非派兵」―ある「平和国家」の履歴書