恐怖心の歴史

個数:

恐怖心の歴史

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年05月17日 22時29分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 862p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784794803368
  • NDC分類 230.5
  • Cコード C0022

出版社内容情報

主として、この世の終りが間もなくやって来るという終末論的恐怖心に焦点をあてている。ヨーロッパの歴史において、そのような恐怖心が果たしてきた役割は大きい。たとえば、コロンプスの新大陸発見も、動機はそこにあった。聖書によれば、世の終りが来る前に、キリスト教の福音が全世界に伝えられるはずだった.....。(立花隆『ぼくが読んだ面白い本・ダメな本 そしてぼくの大量読書術・驚異の速読術』 263頁、より)

内容説明

膨大な資料を発掘・渉猟・駆使した心性史研究における記念碑的労作!海、闇、狼、幽霊、彗星、星、月、ペスト、飢餓、税への本能的で非理性的な自然発生的恐怖心。トルコ人、偶像崇拝者、ユダヤ人、女性、魔女と魔法使いをめぐる「恐怖の代替作用」と指導的文化のメカニズム。攻囲妄想的強迫観念のさまざまな発現形態の同根性を圧倒的迫力で論証した14‐18世紀西洋の壮大な深層の文明史。

目次

序論 恐怖心を追い求める歴史家
第1部 一般大衆が抱く種々の恐怖(恐怖の遍在;過去と闇;ペスト時代の集団行動の類型学;恐怖心と反乱)
第2部 指導的文化と恐怖心(「神を待つ」;サタン;サタンの代理人(1)―偶像崇拝者とイスラム教徒
サタンの代理人(2)―絶対的悪としてのユダヤ人
サタンの代理人(3)―女性
歴史の謎、魔法の大弾圧(1)―資料
歴史の謎、魔法の大弾圧(2)―解釈の試み)
結論 異端と道徳秩序