アメリカは環境に優しいのか―環境意思決定とアメリカ型民主主義の功罪

個数:

アメリカは環境に優しいのか―環境意思決定とアメリカ型民主主義の功罪

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 378p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784794803030
  • NDC分類 519.253
  • Cコード C0036

内容説明

環境問題の基礎を知る事典。環境NGO大国米国をモデルに環境意思決定のあり方を考える。―付録・アメリカ環境年表・NGOの横顔。

目次

第1章 アメリカ環境保護の歴史(自然保護の芽生え;公害反対運動の始まり;企業側の反発と地球環境問題;クリントン政権と共和党主導議会)
第2章 環境政治の各アクター
第3章 個別課題とその取り組み
第4章 環境政治の意思決定(リスク・アセスメント、コスト・ベネフィット分析;経済と環境;意思決定のあり方)

出版社内容情報

【環境意思決定とアメリカ型民主主義の功罪】環境NGO大国米国をモデルに,新しい倫理観と環境意思決定システムの方向性を探り出す。付録・アメリカ環境年表,NGOの横顔。