「あいだ」の空間―精神分析の第三主体

個数:

「あいだ」の空間―精神分析の第三主体

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年02月28日 15時42分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 309p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784794802903
  • NDC分類 146.1
  • Cコード C1011

出版社内容情報

【精神分析の第三主体】米国気鋭の論客が高度な精神分析の世界を豊富な臨床事例で平易に解説。訳者による詳細な解説が付された「誰でもわかるハイレベル」の精神分析書。

内容説明

訳者による豊富な解説で誰でもわかるハイレベルの精神分析書が実現。アメリカで最も人気のある精神分析医が高度で斬新な精神分析の世界を豊富な臨床事例で語る。

目次

第1章 主体になるということとは
第2章 フロイト学派の主体
第3章 主体の間主体的概念化に向けて―クライン学派の貢献
第4章 ウィニコットの間主体的主体
第5章 分析の第三主体―間主体の臨床を考える
第6章 投影同一化と、人を操る第三の主体
第7章 解釈的アクションという概念
第8章 転移―逆転移のマトリックス分析
第9章 人としての孤立―主体性と間主体性のブレークダウン
第10章 精神分析の理論と臨床に関するQ&A