フェミニズムとエコロジー (増補新版)

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 303p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784794802286
  • NDC分類 367.2
  • Cコード C0036

内容説明

環境破壊=女性差別=第三世界問題。今こそ、エコ・フェミニズム。〈脱近代主義フェミニズム〉を掲げ好評を博した旧版に「『生殖革命』と身体のエコロジー」(第5章)を追補。

目次

序 いまなぜフェミニズムか―フェミニズムから現代文明を問う
1 歴史と文明を読み直す(歴史と女性;フェミニズムと文明観)
2 差別の構造としての家意識(天皇制とフェミニズム;儒教イデオロギーと日本の女)
3 女性問題と性の解放(妻はクレージーか;家庭「ホテル化」論を洗いなおす;「試験管ベビー」と生命の私物化;性と“生殖革命”;思春期における性と身体;性の解放とは何か)
4 フェミニズムとエコロジー(女性原理とエコロジー;フェミニズムの未来)
5 「生殖革命」と身体のエコロジー(パンドラの箱としての体外受精;人工生殖の現在と未来;感性と身体性の復権のために)

出版社内容情報

私たちの近代社会は,自然と女性と第三世界の搾取の上に成り立ってきた。〈脱近代主義フェミニズム〉を掲げ反響を呼んだ旧版に「『生殖革命』と身体のエコロジー」を追補!