ラテンアメリカ・シリーズ<br> ラテンアメリカの国際関係

個数:

ラテンアメリカ・シリーズ
ラテンアメリカの国際関係

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A5判/ページ数 306p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784794801661
  • NDC分類 319.55
  • Cコード C0030

出版社内容情報

国際関係の歴史を東西対立・南北問題から論じ,主要国の現代国際関係に目を配りつつ,新国際秩序形成におけるラテンアメリカとこれに対する日本の役割を具体的に考察する。

内容説明

国際関係の歴史を東西対立・南北関係から論じ、主要国の現代国際関係に目を配りつつ、新国際秩序におけるラテンアメリカの役割を考察する。

目次

序章 ラテンアメリカをめぐる国際関係と日本の対ラテンアメリカ政策
第1部 ラテンアメリカをめぐる国際関係史(総論 国際関係からみたラテンアメリカの500年;アメリカ合衆国とメキシコ・中米・カリブ地域;ラテンアメリカにおけるイギリスの経済覇権;米州における紛争解決システム―OASの役割の変容;キューバと米ソ関係―国際関係の位相転換の実験;ラテンアメリカと第三世界―グローバリズムとの接点で;開発・援助とラテンアメリカ)
第2部 現代ラテンアメリカの国際関係(総論 ラテンアメリカをめぐる国際関係―インターアメリカン・システムの構造とポスト冷戦期における再編;現代メキシコ外交―1970年代以降;中米のダイナミズムと国際関係;現代カリブ地域の国際関係;ベネズエラの国際関係;転換期コロンビアの外交政策―対米依存からの自立;ペルー―偏狭な民族主義の克服を目指して;チリをめぐる国際関係;中進国ブラジルの対外政策―現実路線の自主外交;第二次世界大戦後のアルゼンチン外交の軌跡―第三世界外交から第一世界との協調に向けて)