現代地方銀行論

個数:

現代地方銀行論

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 221p/高さ 22X16cm
  • 商品コード 9784794801494
  • NDC分類 338.61
  • Cコード C3033

内容説明

地方銀行の中核的取引先は消費財産業の代表的企業であり、これと共存しバランスのとれた「生きがい」のある地域社会の構築をめざすこが、地方銀行の使命である。地域活性化の核となる地方銀行のおかれている現状とその障害とを浮彫りにした注目の野心作。

目次

序章 問題の提示
1章 資金偏在論
2章 支店網の拡大
3章 地域結節点
4章 トゥークの地方銀行論
5章 ソーントンの指針
補論(マーシャルの銀行信用論;銀行行動の理論)