意思決定論理―思考するということ‐会計ルールの逆転と共感

個数:

意思決定論理―思考するということ‐会計ルールの逆転と共感

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年01月21日 12時28分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 188p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784793003998
  • NDC分類 336.1
  • Cコード C3034

目次

1 人はなぜ自分の意思決定に満足できないのか(人は思考に、何を求めているのか?;思考は脳の中だけでするのだろうか? ほか)
2 共感する思考を学習するには?(脳が共感する頻度を減らした理由;経験を肯定できるものに変えて記憶する ほか)
3 共感があまり影響しない意思決定:単独での思考を扱う経営学的手法(意思決定と情報;決定分析 ほか)
4 共感が影響する意思決定:相互依存関係を扱う交渉理論(交渉とは?;交渉学の7つの視点 ほか)

著者等紹介

熊田聖[クマダヒジリ]
明治大学情報コミュニケーション学部准教授。国際基督教大学(ICU)教養学部社会科学科を1989年に卒業したあと横河ヒューレット・パッカード株式会社(現・日本ヒューレット・パッカード株式会社)に勤務。その後、ICU大学院にて行政学研究科博士(学術)を取得。2003年~2004年、カナダ・ブリティッシュコロンビア大学客員研究員。日本交渉学会会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。