RJ叢書<br> 修復的司法の探求

個数:
  • ポイントキャンペーン

RJ叢書
修復的司法の探求

  • 高橋 則夫【著】
  • 価格 ¥3,780(本体¥3,500)
  • 成文堂(2003/01発売)
  • ゴールデンウィークポイント3倍キャンペーン
  • ポイント 105pt
  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 179p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784792316020
  • NDC分類 326.3
  • Cコード C3032

内容説明

絶望の淵に沈む被害者、社会から排除される加害者、不安と疑心と敵意に満ちたコミュニティの修復はどうしたら可能か。修復的司法は、これまでの刑事司法が念頭になかった「被害者・加害者・コミュニティの癒し、回復、再生」を課題とする。

目次

第1章 被害者関係的刑事司法と修復的司法
第2章 被害者関係的刑罰論の在り方と修復的司法の可能性
第3章 法益の担い手としての犯罪被害者―修復的司法の視座
第4章 修復的司法の国際的動向
第5章 修復的司法のパラダイム―2つのモデル論争を素材に
第6章 ドイツの修復的司法
第7章 第5回修復的司法国際会議報告―修復的司法の位置づけ
第8章 修復的司法の理論と実践―修復的司法における警察の役割を中心として
第9章 少年事件における加害者と被害者―修復的司法への道
第10章 刑事法における修復的司法の意義

著者等紹介

高橋則夫[タカハシノリオ]
1951年東京都に生まれる。1975年早稲田大学法学部卒業。その後、同大学大学院法学研究科修士課程・博士課程修了。東洋大学法学部専任講師、助教授、教授を経て、現在、早稲田大学法学部教授。法学博士
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。