テレビ越しの東京史―戦後首都の遠視法

個数:
  • ポイントキャンペーン

テレビ越しの東京史―戦後首都の遠視法

  • 松山 秀明【著】
  • 価格 ¥2,860(本体¥2,600)
  • 青土社(2019/12発売)
  • 【ウェブストア】お届け商品全点 ポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 52pt
  • ウェブストアに116冊在庫がございます。(2020年04月09日 17時26分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 380p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784791772322
  • NDC分類 699.21
  • Cコード C0036

内容説明

東京に行けばなんでもある。仕事も、モノも、夢も―。なぜ東京だけが特別なのか。戦後日本を生きる人びとが記憶する首都イメージは、いつどのように形成されたのか。放送局や電波塔の立地、五輪中継の舞台裏、「編成」の概念や「月9」の誕生、お台場の歴史に至るまで。膨大なアーカイブから戦後テレビ史を丹念に掘り起こし、そこに見いだされ、演出され、記憶された“東京”なるもののかたちをたどる。

目次

序論 東京の語りにくさ
第1章 東京にはすべてがある―“東京”措定の時代 一九五〇年代~六〇年代
第2章 遠くへ行きたい―“東京”喪失の時代 一九七〇年代~八〇年代前半
第3章 「お台場」の誕生―“東京”自作自演の時代 一九八〇年代後半~九〇年代
第4章 スカイツリーのふもとで―“東京”残映の時代 二〇〇〇年代~一〇年代
結語 東京がテレビを求めた戦後

著者等紹介

松山秀明[マツヤマヒデアキ]
1986年生まれ。東北大学工学部建築・社会環境工学科卒業。東京大学大学院情報学環・学際情報学府博士課程単位取得退学。博士(学際情報学)。現在、関西大学社会学部准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

東京はなぜ語りにくいのか。戦後史研究の俊英が描く、〈東京〉の輪郭線。
ひと言ではとうてい言い表わせないにもかかわらず、私たちの中に確かにある〈東京〉のイメージ。それはいつ形成され、どのように移り変わってきたのか。放送メディアや番組の変遷、ドラマやドキュメンタリーの作品分析にとどまらず、放送局や電波塔の分布、「編成」の概念や「月9」の誕生、「お台場」の歴史にいたるまで、戦後のテレビ史を丹念に掘り起こしながら、そこに見い出され、演出され、意味づけられた〈東京〉なるものの輪郭をたどる。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件