アラスカ探検記―最後のフロンティアを歩く

個数:

アラスカ探検記―最後のフロンティアを歩く

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2019年10月22日 12時36分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 434p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784791772070
  • NDC分類 295.394
  • Cコード C0098

内容説明

「自然保護の父」と呼ばれるジョン・ミューア。百年前の偉人の足跡を感じながら、壮大な自然の残る氷河の世界をたどる旅がはじまる。先住民とのふれあい、カヤックでの冒険、知られざるアラスカの歴史―。大自然の真んなかでベストセラー作家はなにを見たのか。いまなお人々を魅了するアラスカに迫るノンフィクション。

目次

プロローグ グレイシャー・ベイ国立公園
メリアム氏を訪問―ワシントンDC
すべては北をめざす―ニューヨーク市
第一級の男たち―ハリマンの特別列車で西へ向かう
二人のジョニー―シアトル
フェリーの話―ケニコット号に乗って
大いなる大地―北太平洋で
「野蛮人を文明化すること」―アネット島
秘められた歴史―アンカレッジ
降雨量が最大の地で生き抜く―ケチカン〔ほか〕

著者等紹介

アダムス,マーク[アダムス,マーク] [Adams,Mark C.]
1967‐。アメリカの作家、ジャーナリスト、編集者。イリノイ州オークパーク出身。『ナショナル・ジオグラフィック・アドヴェンチャー』の寄稿編集者。『GQ』『ESPN:The Magagine』『Men’s Journal』『Rolling Stone』などのライター。邦訳書に、『マチュピチュ探検記』『アトランティスへ旅』(以上、青土社)がある。現在、妻と子どもたちとともにニューヨーク市の近郊に住んでいる

森夏樹[モリナツキ]
翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

今なお残るフロンティア アラスカの知られざる歴史
100年前、鉄道王と当時の一流エリート集団(科学者、写真家、生態学者)が海岸調査のために辿ったシアトルからシベリアまでの道のりを、気鋭のベストセラー作家がたった一人、カヤックに乗り、辿りなおす!今もなお大自然が残るアメリカ最大のフロンティア、アラスカを静かな筆致で描き、そこに住む先住民とのふれあいを語った大冒険記!美しく謎に満ちた荒野アラスカへいざ出発!