不如意の身体―病障害とある社会

個数:

不如意の身体―病障害とある社会

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年01月23日 18時38分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 480p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784791771196
  • NDC分類 361.1
  • Cコード C0030

出版社内容情報

異なる人たちの、〈公平〉な社会にむけて
動けない「足」が障害なのか、車いすで移動するのに適さない「社会」が障害なのか。支援するためには病や障害の原因を「同定」することが必須なのか。公平な社会のあり方を考えてきた政治哲学が、障害を取りこぼしてしまってきたのはなぜなのか。
誰もが不利益を不当に被ってしまわない社会――政治、経済を見失わず、確固たる思想的基盤をひとつひとつ作り上げていく、明日の社会のための強靭な思想。

立岩真也[]
著・文・その他

内容説明

動けない「足」が障害なのか、車いすで移動するのに適さない「社会」が障害なのか。支援するためには病や障害の原因を「同定」することが必須なのか。公平な社会のあり方を考えてきた政治哲学が、障害を取りこぼしてしまってきたのはなぜなのか。誰もが不利益を不当に被ってしまわない社会―政治、経済を見失わず、確固たる思想的基盤をひとつひとつ作り上げていく、明日の社会のための強靱な思想。異なる人たちの“公平”な社会にむけて。

目次

1(五つある;社会モデル ほか)
2(非能力の取り扱い―政治哲学者たち;とは何か?と問うを問う ほか)
3(ないにこしたことはない、か・1 200210;なおすことについて 200107 ほか)
4(障害学?の本・1(医療と社会ブックガイド・24)200302
障害学?の本・2(医療と社会ブックガイド・25)200303 ほか)

著者等紹介

立岩真也[タテイワシンヤ]
1960年生まれ。立命館大学大学院先端総合学術研究科教授。社会学専攻(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

JunTHR

3
ようやく読了。およそ1ヶ月。立岩真也の書いたものは、もうこれはじっくりと一文一文ただ素直に読んでいくしかなたい。そうすれば読み辛いわけではないことがよく分かる。 そして、考えたこともなかったような視点と論点と事実と歴史と社会にあり続ける問題らしきものに、ハッとさせられる。思考の過程そのもののような文章に、脳みそがグラグラしてくるような感覚すらあった。 自分がいかに浅はかに、考えなく、時にわかったようなつもりになっていたのかということを突き付けられるような、読書の、思考の苦楽があった。読んで良かった。2019/05/16

YASU

0
いわゆる「障害」とは何か,社会は(人は)それとどのように相対すべきかを論じた書.2020/08/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13240943

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。