ことばの恐竜―最果タヒ対談集

個数:

ことばの恐竜―最果タヒ対談集

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 188p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784791770083
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0090

内容説明

気鋭の詩人・最果タヒ、初の対談集!

目次

松本隆―紙にのせることば、音にのせることば
大森靖子―ミラー/レンズになりたい
二階堂ふみ―「わからない」を肯定する
青柳いづみ―身体と文字のあわいで
谷川俊太郎―詩になるとき、詩が広がるとき
穂村弘―ささやかな人生と不自由なことば
石黒正数―右投げと左投げのキャッチボール
志磨遼平―平凡、あるいは詩とロックの日常言語

著者紹介

最果タヒ[サイハテタヒ]
1986年生まれ。2004年、インターネット上で詩作を始める。2008年、『グッドモーニング』で中原中也賞を受賞。2015年、『死んでしまう系のぼくらに』で現代詩花椿賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)