パリ―モダニティの首都

個数:

パリ―モダニティの首都

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 468p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784791769872
  • NDC分類 235.065
  • Cコード C0030

内容説明

19世紀、パリ―。中央集権的な発展を遂げた大都市が、“近代”の幕を切って落とした国家、金融、労働、ジェンダー、階級、消費など、“近代”の矛盾と背反が、新しく創られた“空間”を利用しつつ肥大化していく歴史を、あらゆる分野の文献を渉猟しつつ検証。マルクス主義を「空間の学」と接続させた社会経済地理学の第一人者が、強靱な知性で描き出した、「パリの地誌学」の一大メルクマール!

目次

断絶としてのモダニティ
1 表象 パリ一八三〇‐一八四八(モダニティの神話―バルザックのパリ;政治的身体(政体)を夢見て―革命的政治とユートピアの企図 一八三〇年‐一八四八年)
2 物質化 パリ一八四八‐一八七〇(プロローグ;空間関係の編成;貨幣、信用、金融;地代と地主階級;国家;抽象的かつ具体的な労働;労働力の売買;女性たちの状況;労働力再生産;大量消費・スペクタクル・余暇;コミュニティと階級;自然との関係;科学と感情、モダニティと伝統;レトリックと表象;都市変容の地政学)
3 コーダ(サクレ=クールのバシリカの建設)

著者紹介

ハーヴェイ,デヴィッド[ハーヴェイ,デヴィッド] [Harvey,David]
1935年、イギリス生まれ。社会経済地理学者。ジョンズ・ホプキンス大学教授、オックスフォード大学教授を経て、現在、ニューヨーク市立大学教授

大城直樹[オオシロナオキ]
1955年生まれ。明治大学文学部教授。文化地理学

遠城明雄[オンジョウアキオ]
1962年生まれ。九州大学大学院人文科学研究院教授。人文地理学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報



デヴィッド・ハーヴェイ[デヴィッドハーヴェイ]

大城直樹[オオシロナオキ]

遠城明雄[オンジョウアキオ]