相模原障害者殺傷事件―優生思想とヘイトクライム

個数:
  • ポイントキャンペーン

相模原障害者殺傷事件―優生思想とヘイトクライム

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ B6判/ページ数 258p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784791769650
  • NDC分類 369.27
  • Cコード C0030

内容説明

障害者殺しとそれへの抵抗の歴史を召喚し、いちはやく事件のフレームを示してみせた社会学の第一人者と、若者たちの鬱屈の深層を見つめながら、等身大の言葉で語りかける在野の批評家による緊急提言。

目次

1(精神医療の方に行かない;障害者殺しと抵抗の系譜;道筋を何度も作ること)
2(優生は誰を殺すのか;内なる優生思想/ヘイト/ジェノサイド)
3 討議・生の線引きを拒絶し、暴力に線を引く(まず何を、誰に、どのように書いたか;立ち返るべき場所、開いていく歴史;マジョリティでもマイノリティでもない者の鬱屈;さまざまな「言い方」の実践;施設、あるいは地域をどうするか;この時代と人の不安を語ることの困難;解毒し、線を引くこと)

著者等紹介

立岩真也[タテイワシンヤ]
1960年生まれ。東京大学大学院社会学研究科博士課程修了。現在、立命館大学大学院先端総合学術研究科教授。社会学専攻

杉田俊介[スギタシュンスケ]
1975年生まれ。法政大学大学院人文科学研究科日本文学専攻修士課程修了。川崎市のNPO法人で障害者ヘルパーに従事しつつ、執筆活動を行ってきた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報



立岩真也[タテイワシンヤ]

杉田俊介[スギタシュンシュケ]

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件