老老格差

個数:

老老格差

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年07月05日 16時02分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 204p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784791769285
  • NDC分類 367.7
  • Cコード C0030

出版社内容情報

日本が抱える問題のすべてがここにある。日本は格差社会である。そして、もう一方で超高齢化社会でもある。この二つがあわさったとき、おそろしい「老老格差」社会は出現した。それは決して当事者のせいで起こるのではない。そこには、教育、雇用、社会保障、ジェンダー、結婚、中央と地方、医療と介護といったあらゆる問題がかかわっているのだ。もはや他人事ではない。わたしたちがこの不平等で不公平な社会を生きぬくための経済学の挑戦。

内容説明

「老老格差」は決して当事者のせいで起こるのではない。そこには、教育、雇用、社会保障、ジェンダー、結婚、中央と地方、医療と介護といったあらゆる問題がかわっている。日本を代表する経済学者があまたのデータや統計を駆使して格差問題に挑む。

目次

第1部 高齢者の経済学事始(高齢者の所得格差は本当に拡大しているのか;格差を生み出すもの―教育、職業、賃金、貯蓄、結婚;格差の世代間移転;熟年離婚は勧められるか)
第2部 社会保障と老老格差(高齢者における医療保険と健康格差;介護にまつわる格差;年金にまつわる格差;孤独死と自殺という悲劇)
第3部 老老格差を是正するために(本書で分かったことと政策論議;老老格差を是正する政策;世代間格差、世代間抗争にどう対処したらよいか)

著者等紹介

橘木俊詔[タチバナキトシアキ]
1943年兵庫県生まれ。京都大学名誉教授。京都女子大学客員教授。小樽商科大学商学部卒業。大阪大学大学院修士課程修了。ジョンズ・ホプキンス大学大学院博士課程修了(Ph.D.)。フランス、アメリカ、イギリス、ドイツでの研究職・教育職、京都大学教授、同志社大学教授などを歴任。専門は労働経済学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ペインター

1
所得格差だけでなく、介護格差、健康格差、年金格差などいろいろな格差がある。年金をもらう世代は、所得格差はあまりひどくないだろう。親からもらう相続によっても格差は生じる。国民年金と厚生年金をもらう人では格差はある。著者の述べているように基礎年金は消費税によって給付すべきだろう。2018/10/15

くらーく

1
これだけインフレが起きないと、もっている資産の大小が老後や子孫にも影響してしまう感じかな。ピケティの資本論もそうだったかな。 国会議員は持っている人たちなので、老老格差の是正には絶対に動くわけが無い。今、あるいはこれから老後を心配する国民が声を上げて、マスコミがそれを拡声して、運が良ければ、少しは改善されるのだろうけど。 橘木教授の政策提言も含め検討して欲しいわな。2017/06/24

呑司 ゛クリケット“苅岡

0
国民皆保険や給与など格差は諸外国に比べて少ないというのは、単なる思い込みだった。というより、たった三期務めるだけで議員年金を貰える政治屋に、騙されていただけだった。所得、医療、介護全てに格差はあり、デンマーク式に税負担しないと立ち行かなくなる国にした人達に責任を取って貰いたいが、今の日本では難しそうだ。自己防衛は生命保険、資産運用、公的負担の適正化の三つから先ずは始めよう。2021/06/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10895984

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。