魂のレイヤー―社会システムから心身問題へ

個数:

魂のレイヤー―社会システムから心身問題へ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年11月15日 01時05分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 381,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784791767892
  • NDC分類 114.2
  • Cコード C0010

目次

はじめに―ルーマンの選択、「社会システム=機能」のネガとしての「心身問題」
第1部 社会システム論から心身問題へ本書における心身問題の位置づけ(観測者の観測―なぜ、モップと語り合えないのか?;神にとっての心身問題―陳腐な問い、神の笑い、着慣れぬ衣装;「心身問題のイラスト」としてのある映画―ジャック・リヴェット『美しき諍い女』を巡って ほか)
第2部 「この緑」をどうするのか?心的システムによる心的システムの記述、「人称性」の出現(進化=「面白さ」=記述の存在理由―「この緑」をどうするのか?;宛先のない進化1:エッセイ;宛先のない進化2:小説―神はいないが、花を着る ほか)
第3部 人称性の死(わたしたちはわたしをどこに置くのか?―幸せの定義;「死の位相学」としての主体1:エッセイ―左向いた時の右側に気を;「死の位相学」としての主体2:小説―私の死でいっぱいの袋 ほか)
おわりに―リンチの機械、ヴァレラの仏教、シンギュラリティと「工学的な心身問題」

著者等紹介

西川アサキ[ニシカワアサキ]
1975年生まれ。慶應義塾大学環境情報学部卒業。神戸大学大学院自然科学研究科博士後期課程修了。博士(理学)。理化学研究所特別研究員を経て、2012年より東京大学大学院情報学環助教。専攻は人工知能、哲学など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

わたしたちの身体は、なぜ「わたし」という意識をもち、それがなぜ「脳」と関係しているようにみえるのか。誰もがシステムの一員として扱われる社会においては、心身問題なんて何の役にも立たないと考えるかも知れない。しかし、本当

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件