ああ、あたしのトウショウボーイ (増補新版)

個数:

ああ、あたしのトウショウボーイ (増補新版)

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 276p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784791767588
  • NDC分類 788.5
  • Cコード C0090

内容説明

競走馬と、そこに自らの想いを重ねる人々の物語をあざやかに描き出す。競馬を愛するすべての人にささげられた珠玉のエッセイ集。幻の名著、待望の復刊!

目次

ああ、あたしのトウショウボーイ
テンリュウ恋しや、ほうやれほ
十六年目のビギナーズラック
スダホークの最後の戦い
芦毛倶楽部某重大事件
ホワイトストーンの遺稿
秋篠寺のホクトミスワキ
ウインドミルの瞳と南部杯
賢治のサラアブレツド
ウッドバインの謎の馬
シービーの夢、ルドルフの希望
ノボルトウコウの恋

著者等紹介

山本一生[ヤマモトイッショウ]
1948年生まれ。近代史研究家、競馬史研究家。東京大学文学部国史学科卒業後、石油精製会社に勤務する傍ら、競馬の歴史や血統に関して執筆活動を展開。97年よりフリーとなる。『有馬頼寧日記』の編集に加わり、その後は戦間期の日記を読み解く作業を行っている。『恋と伯爵と大正デモクラシー―有馬頼寧日記1919』(日本経済新聞出版社)で第56回日本エッセイスト・クラブ賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。